DI Onlineのロゴ画像

DIクイズ5(Q)
DIクイズ5:(Q)とびひに抗菌薬が3日分しか出ない理由
日経DI2014年6月号

2014/06/10

日経ドラッグインフォメーション 2014年6月号 No.200

処方箋を読む
とびひに抗菌薬が3日分しか出ない理由

4歳の男の子S君を連れた母親が小児科クリニックを受診した帰りに薬局を訪れました。母親は処方箋を出しながら、不安そうな表情で次のように話しました。

最近、保育園でとびひがはやっているみたいで、この子ももらってきてしまいました。

先生から抗菌薬の飲み薬を出してもらったのですが、先日、溶連菌という菌の咽頭炎にかかった時より飲む期間が短いと思います。

ちゃんと効くのでしょうか。

※薬歴によると、前回S君が咽頭炎にかかった際、パセトシン(一般名アモキシシリン水和物)が10日分で処方されていた。

Q1

溶連菌による咽頭炎の治療に比べ、とびひ(伝染性膿痂疹)の治療で抗菌薬を処方する日数が短いのはなぜか。

解答ページへ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ