DI Onlineのロゴ画像

後発品をどう選ぶ
〔沢井製薬〕リーディングカンパニーの自覚を持って安定供給・品質確保で使命を果たす
日経DI2013年11月号

2013/11/10

日経ドラッグインフォメーション 2013年11月号 No.193

本誌調査を開始して以来、4年連続で「好感を持つ後発品企業」の第1位となった。薬剤師からの高い評価に対する感想などを同社社長の澤井光郎氏に聞いた。


─本誌調査において、沢井製薬は第1回から4年連続で「好感を持つ後発品企業」の第1位に選ばれました。支持する理由として多くの薬剤師が「安定供給」を挙げています。

澤井 大変光栄に思います。薬剤師の先生方が後発品を選ぶ際に最も重視するポイントは「供給が安定しているかどうか」ということですから、その重要なニーズを満たしていることに安堵しています。製品の安定供給は、後発品メーカーに与えられた最低限の使命だと考えており、いかなるときにも当社が扱っている約600品目の製品全てを1品目たりとも欠くことなく供給できる体制を整備することに力を注いできました。4年連続第1位というありがたいご評価は、そうした当社の姿勢へのエールと受け止めています。

─どのようにして、「安定供給」を実現しているのですか。

澤井 安定供給を実現するためには、ソフトとハード両面での整備が必要です。ソフト面では十分な人員を確保し、生産計画の急な変更にも対応できる柔軟なシステムを構築しています。ハード面では、実は倉庫が重要です。急な需要増に対して速やかに製造を行うには、まず原薬などの原材料や包装資材を備蓄しておかなければなりません。当社では、それらを備蓄するために、十分なスペースのある倉庫を各工場で持っています。もちろん、工場の生産能力も増強しています。最新の設備を備え、内服固形製剤を製造する新製剤工場を関東工場(千葉県茂原市)の敷地内に建設し、2013年3月から稼働させています。これにより、当社全体の生産能力を年間80億錠まで引き上げることができました。

 現在の生産数量は60億錠強ですが、今後の後発品の需要増を考慮しますと、余力をもう少し持っておくべきと考えます。そこで14年度までにさらに20億錠分の増強を行い、年間100億錠の生産体制を整える予定です。他の生産拠点である三田工場(兵庫県三田市)、大阪工場(大阪市旭区)、九州工場(福岡県飯塚市)、第二九州工場(福岡県飯塚市)との製造設備の共通化を図り、有事の際にも安定的に供給できる体制構築を進めています。こうした、「余力のある生産体制」が、安定供給に寄与していると考えています。

─製剤工夫に関しては、どのように取り組んでいますか。

澤井 例えば、ゾルピデム酒石酸塩OD錠「サワイ」という睡眠導入薬を製造・販売しています。睡眠導入薬は就寝直前に服用しますが、その際に水分を摂取すると、患者さんは夜間の排尿回数が増える懸念がありますし、立ち歩いたときに転倒する危険性もあります。少しでも患者さんの不安を取り除きたいという思いからOD錠を開発したわけです。他の種類の薬剤についても、たとえ他のメーカーが出さなくても、患者さんの需要があると思われる場合は、当社では積極的にOD錠の開発を考えます。

 またOD錠は水なしで服用するため、味も非常に大事な要素です。例えばファモチジンD錠「サワイ」は2006年にメントール味で発売しましたが、より患者さんが服用しやすいようオレンジヨーグルト風味の製品として10年に改良しました。また、シロスタゾールOD錠「サワイ」は高齢の患者さんが多く服用されるので、オレンジ味やストロベリー味ではなく、「抹茶味」にしたところ大変喜ばれています。

 表示に関する工夫としては、印刷可能な錠剤にはレーザーによる一般名・規格の印字を施すなどして、識別性を高め、この6月には後発品として初めてOD錠へ印字を行った製品を発売しました。PTPシートは、切り離した一つひとつに製品名や規格が分かるように印字したり、中にはアムロジピン錠のように「高血圧・狭心症」といった適応症を印字したものもあります。調剤過誤や患者さんの飲み間違えを防止するだけでなく、病院に受診・入院したときも、その患者さんがかかりつけ医でどんな薬を処方されているのか分かります。

 このように、より飲みやすい薬、より安全で付加価値の高い製品をつくるということは、後発品メーカーだからこそできることだと思います。特に当社はリーディングカンパニーだという自覚を持って、品質向上、安定供給、情報提供、高付加価値などのあらゆる面において「ひとつ上の品質を目指す」ことを目標に掲げ、日々取り組んでいます。

─国の促進策にもかかわらず、後発品の使用率は目標数値に届いていません。この現状をどう捉えていますか。

澤井 一番の問題は、後発品の良さがまだ十分に理解されていないことです。後発品メーカーは各社様々な工夫を凝らし、多くの付加価値を持つ製品を開発しているのですが、そうした努力や付加価値を伝え切れていないということだと思います。これは、後発品メーカーの「伝えようとする努力」の不足に他なりません。国の後押しに甘えるだけでなく、業界自体がもっと努力して後発品の良さをアピールしていく活動が必要だと思います。

─沢井製薬としては、具体的にどのような対策を考えていますか。

澤井 まず、MRを増員し、「顔の見えるメーカー」として直接、薬剤師の先生方に後発品の良さをアピールしていきたいと思います。また、MRを介して配布する資材としては、医薬品の情報に関するものだけでなく、患者さんへの指導箋や患者さんと医療関係者が一緒に病気を治療していくための冊子なども多く作っています。後発品メーカーの中にも啓発資材に力を入れているところがあるということをぜひ知っていただきたいですね。

 ただ、先発品メーカーのように多くのMRを抱えているわけではありませんし、1人のMRが訪問できる軒数にも限りがあります。そこで、それを補う手段としてWEBやコールセンターでの情報提供にも力を入れています。当社の医療関係者向け情報サイト「sawai medical site」は今年3月に全面リニューアルし、インターネット上から様々な資料やデータをダウンロードしていただくことができるようにしました。癌領域に特化した情報サイトや、24時間対応のコールセンターも活用していただきたいと思います。

関東工場(千葉県茂原市)の敷地内に建設された新製剤工場(写真提供:沢井製薬)

写真:矢澤 亜津砂

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ