DI Onlineのロゴ画像

特集:
薬局ならではの時間・空間の活用を
日経DI2013年11月号

2013/11/10

日経ドラッグインフォメーション 2013年11月号 No.193

 待ち時間を利用して、薬局ならではのサービスを提供しているケースを見ていこう。

 アップル調剤薬局大津店(熊本県大津町)は、糖尿病・代謝内科や人工透析内科を持つ病院の近隣にあり、生活習慣病の患者が多く来局する。同薬局では、製薬会社などが提供する患者配布用の資材をうまく活用し、患者の受診コンプライアンスの維持や生活習慣改善へのモチベーションアップにつなげている(Case5)。

 同薬局では、幾多ある患者用資材のうち、待ち時間にじっくり読んでもらえるよう、読み応えのあるパンフレットを多く取りそろえている。疾患啓発や生活習慣病に関する資材を中心に置いているが、特に人気があるのは、第一三共が提供する「からだにeヘルシーレシピ」などの献立集だという。

 資材の管理は事務スタッフの大場望実氏が担当し、減り具合を随時チェックして、補充したり入れ替えたりする。万一在庫を切らしてしまった場合も、「これが欲しい」と患者がリクエストできるよう、定番の資材に関しては、表紙のコピーにラミネート加工を施したものを、「見本」として資材の下に並べているという。

画像のタップで拡大表示

生活習慣病の療養生活や食事に関するパンフレットを中心に取り寄せている。事務スタッフの大場望実氏が管理を担当する。

手作りチラシで情報提供
 処方箋調剤の待ち時間を利用し、患者に一般用医薬品(OTC薬)や健康食品に興味を持ってもらう工夫を行っているのは、フタツカ薬局なんばパークス(大阪市浪速区、Case6)。同薬局はオフィスビルの一角にあり、約1500種類のOTC薬のほか、健康食品、自社ブランドのサプリメントなどを豊富に取りそろえている。

 処方箋は昼休みや夕方に集中し、会社員も多く来局するため、待ち時間を掲示したり、マッサージチェアを置くなど、快適に過ごしてもらう工夫を凝らしている。このほか、季節に応じた健康情報をA4判1枚にまとめたチラシを月替わりで作成し、処方箋の受付時に患者に渡している。

 チラシに健康食品やサプリメントの情報も載せれば、物販コーナーへの関心も促すことになり一石二鳥。薬局長の尾本旭氏は、「宣伝効果は高いとはいえないものの、『処方箋がなくても立ち寄れる薬局』という意識付けに一役買っているのでは」と話している。

画像のタップで拡大表示

オフィスビル内にある同薬局では、OTC薬や健康食品を多く取り扱っている。健康に関する情報をまとめたチラシ(左)を処方箋受付時に渡したり、待合に試飲コーナーを設けて、患者に関心を持ってもらう。

心を通わせた自由帳
 待ち時間を利用して、患者の思いをくみ取ることができたケースもある。

 精神科病院の近隣にある、わに薬局坂本店(大津市)では09年6月の開局以来、待合のテーブルに、患者が自由に書き込めるノートと筆記用具を置いている(Case7)。管理薬剤師の玉山亨子氏は、「精神科では多剤併用が多いため、調剤に時間が掛かり、待ち時間が長くなることが予想された。何か良い方法はないかと探していた時、『自由帳を置いている薬局がある』と医薬品卸の担当者から聞いたのがきっかけ」と振り返る。

 「何も書いてもらえないのでは」という当初の予想に反し、ふたを開けてみると、先が見えない療養生活への不安や苦悩を、文章や絵で表現する患者は多かった。患者同士の励まし合いや、「薬局に来ると癒されます」という薬局への感謝の言葉などもつづられ、現在までに使用したノートは16冊に上る。

 開局当時、玉山氏以外のスタッフは精神疾患患者に対応した経験がなく、薬局での振る舞いやコミュニケーションの取り方に戸惑うことも多かった。だが、「自由帳を通じて、精神疾患患者が抱いている思いを次第にスタッフが理解し、リラックスして対応できるようになったようだ」と玉山氏は話している。

画像のタップで拡大表示

精神科病院の近隣にある同薬局では、患者が自由に書き込めるノートを待合に置いている。プライバシーに配慮し、投薬カウンターに背を向けるように机と椅子を配置。調剤中の薬剤師も、待っている患者の視線を感じなくて済む。地域の高齢者が描いた絵手紙の展示も好評で、患者との会話のきっかけになることもある。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ