DI Onlineのロゴ画像

特集:
予想待ち時間をあらかじめお知らせ
日経DI2013年11月号

2013/11/10

日経ドラッグインフォメーション 2013年11月号 No.193

 病院の近隣にあり、200~300枚/日の処方箋を応需する田無本町調剤薬局(東京都西東京市)。同薬局では、手作りの掲示板を使い、待ち時間を知らせている(Case1)。

 「一包化や長期処方が多く、30~40分待たせてしまうことも多い」と、田無薬品執行役員で薬局事業部長の三浦輝久氏は話す。同氏は当初、病院などで見掛ける電光掲示板の導入を検討したが、コストの高さゆえに断念。そこでホワイトボードとシート状のマグネットで掲示板を製作した。処方箋受付時に患者に番号札を渡し、番号と受付時刻を処方箋の裏に記載。服薬指導が終わった時刻を薬剤師が確認し、大体の待ち時間を割り出している。

 薬局タカサ青葉の森店(千葉市中央区)管理薬剤師の宇野薫氏は、混雑状況や処方内容から、待ち時間を割り出している。「定刻に薬ができていないと患者をイライラさせてしまうので、5分程度ゆとりを持って伝えている」と宇野氏。なお、患者に伝えた待ち時間を過ぎると気づいたら、あと何分ぐらい掛かるのかを必ず伝えるようにしたい。

画像のタップで拡大表示

受付時刻と投薬終了時刻から、おおよその待ち時間を割り出して掲示(左上)。調剤済みの受付番号も表示しておくことで、外出先から帰ってきた患者にもスムーズに対応できる(右上)。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ