DI Onlineのロゴ画像

DIクイズ5(Q)
DIクイズ5:(Q)スタチン系薬を変更したC型肝炎患者
日経DI2013年9月号

2013/09/10

日経ドラッグインフォメーション 2013年9月号 No.191

服薬指導
スタチン系薬を変更したC型肝炎患者

脂質異常症などのため、近隣の内科診療所に通院している67歳の男性Eさんが、処方箋を持って来局しました。処方が変更されていたため確認すると、Eさんは次のように話しました。

薬が替わったのは、コレステロールが高くなったとか、そういう理由じゃないんです。実は、私、C型肝炎だということが分かり、今度から専門の病院で治療を受けることになりました。インターフェロン注射と2種類の薬を使った最新の治療だそうです。説明書をもらったので、それを先生に見せたら、「肝炎の薬と今まで飲んでいた薬は飲み合わせが悪いから、変更しておきましょう」と言われたんです。飲み合わせが悪いって、どういうことでしょうか。

※薬歴によると、Eさんにはこれまで(1)のアロシトール(一般名アロプリノール)、(2)のブロプレス(カンデサルタンシレキセチル)とリピトール(アトルバスタチンカルシウム)が処方されていたが、今回からリピトールが(3)のローコール(フルバスタチンナトリウム)に変更された。

Q1

Eさんは、インターフェロン製剤に加えてC型肝炎の治療薬を2種類使用する予定だが、その2剤は次のうちどれか。
(1)テラビック(一般名テラプレビル)
(2)小柴胡湯
(3)バラクルード(エンテカビル水和物)
(4)レベトール(リバビリン)

Q1

Eさんの脂質異常症治療薬が変更されたのは、どのような理由からだと考えられるか。

解答ページへ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ