DI Onlineのロゴ画像

特集:一包化調剤 お悩み相談室
調剤報酬編:しっかり覚えておきたい一包化の算定ルール
日経DI2013年8月号

2013/08/10

日経ドラッグインフォメーション 2013年8月号 No.190

Q.一包化加算の算定要件は?

 調剤料の一包化加算は、用法が異なっている2剤以上、または1剤で3種類以上を、服用時点ごとに一包で交付した場合、処方箋受け付け1回に付き、1回算定できる。そのため、1剤で1または2種類を分包した場合は算定できない(表4)。

表4 一包化加算の算定上の主な留意事項

出典:診療報酬の算定方法の一部改正に伴う留意事項について(通知)

画像のタップで拡大表示

 一包化加算の算定対象となるのは、(1)多種類の薬剤が投与されている、アルツハイマー型認知症などで薬剤の飲み忘れや飲み誤りのある患者、(2)関節リウマチやパーキンソン病など心身の特性のため、錠剤などをPTPシートなどから取り出して服用することが困難な患者──だ。

 一包化加算の算定には処方医の指示が必要なので、患者から一包化を希望されたら、一包化の必要性があるかを確認した上で、処方医に連絡し、了承を得た後に調剤する必要がある。 患者が2カ所の異なる診療科の医療機関の処方箋を持参して、合わせて一包化することを希望した場合はどうだろうか。

 一般的には処方箋ごとに一包化する(一包化加算を算定する)が、患者が正しく服薬できるよう支援するという目的を考えれば、複数枚の処方箋であっても同じ服用時点でまとめた方がよいと思う場合もあるだろう。その際、それぞれの処方医の了承が得られれば、これらを合わせて一包化することはできる。

 では、1剤で3種類以上の散剤を一包化する場合、計量混合加算と一包化加算はどちらを算定すればよいか。厚生労働省保険局医療課によれば、基本的には計量混合加算を算定するが、飲み忘れや飲み間違えのある患者など、一包化加算の要件を満たしていれば、そちらを算定することは認められるとのことだ。ただし、両加算は同時には算定できない。

Q.再調剤した場合の点数は?

 交付済みの一包化薬から、後で1錠だけを抜いて残りを再び一包化した場合、算定できる点数はない。ただし、一緒に分包するように指示された処方箋を患者が持参し、一包化加算の要件を満たしていれば算定できる。

 同様に、別の薬局で交付された薬を、自分の薬局で分包したものとまとめてほしいと頼まれたときも、算定要件を満たさないので、加算は取れないことになる。

 このように医療上の必要が認められないために一包化加算の要件を満たさないが、患者の希望で一包化する場合は、実費を徴収することが認められている。

 実費の具体的な金額について、編集部が十数軒の薬局に聞いたところ、「1日分10円」や「7日分で500円」と決めているところから、一包化加算で算定した場合の患者の一部負担金相当額を徴収しているところまで様々だった。一方で、実費を徴収していない薬局も多かった。

 薬局経営者からは、「分包紙やインクリボンなどは原油高の影響を受けて、ここ数年で値上がりしている」との声も聞こえてくる。今後高齢者が増加して、一包化の処方が増えることを考えると、薬局内できちんとルール化することが必要になってくるかもしれない。

Q.外来服薬支援料はいつ算定できる?

 一包化や服薬カレンダーなどを活用して服薬支援をした場合に、服薬支援1回に付き1回算定できるのが、外来服薬支援料(185点)だ(表5)。

表5 外来服薬支援料の算定上の主な留意事項

出典:診療報酬の算定方法の一部改正に伴う留意事項について(通知)

画像のタップで拡大表示

 ここで注意したいのは、外来服薬支援料は、一包化調剤をするたびには算定できないという点。同支援料は技術料ではなく薬学管理料に当たるもので、処方箋の受け付けに関係なく、調剤済みの薬剤の服薬支援を目的としている。ちなみに、外来服薬支援料の算定に当たっては、「他の薬局で交付された薬についても整理するよう努める」ことも求められている。

 では、既に自分の薬局で一包化をしている患者で、他の薬局で調剤、交付された薬剤もまとめて一包化することになった場合、外来服薬支援料は算定できるのか。

この点について、明確に答えている通知などは厚労省から出されていない。服薬支援の内容やその程度は様々なので、個別のケースによると考えられる。

 なお、前述のように、自分の薬局で一包化した薬剤から後で1錠だけ抜いた場合は、既に一包化の服薬支援をしていると見なされるため、再分包しても外来服薬支援料は算定できないと解釈できる。

ブン吉 なるほどー。そういえば、この前、泌尿器科で出た薬もまとめてほしいって、持って来た患者さんがいましたよね。あの時は処方箋がなかったから、はま子先輩は「実費を頂きますが……」と説明していたんですね。

はま子 そう。うちの薬局は、1日分10円を頂くことにしてるわよ。覚えておいてね。

ブン吉 外来服薬支援料は、前にいた薬局ではほとんど取っていなかったような……。

はま子 うちも、そんなに算定しているわけじゃないわね。でも、患者さんの残薬を整理する機会はあるでしょう?そのときに「よろしければ同じタイミングで飲むお薬は1つの袋にまとめましょうか?」と提案して、算定することはできるわよ。

ブン吉 確かにそうですね。薬を交付するときに「お薬が余っていませんか?飲めていますか?」って聞いてるし。困っていそうな患者さんがいたらお話をよく聞いて、一包化を薦めてみますよ。

はま子 さて、ブン吉くん。一包化の疑問は解消できた?

ブン吉 はい。自分の働いていた薬局のルールしか知らなかったけど、いろんな工夫があって奥が深いのですね、ふむふむ。

はま子 一包化するのは分包機だけど、服薬支援が必要な患者さんに適切に一包化をお薦めして、安心して飲んでいただくのは、薬剤師の仕事なのよね。

ブン吉 はま子先輩、いいこと言いますね。ボク、気持ちを新たに頑張っちゃいます!

はま子 じゃ、午後に調剤する施設のお薬は40人分よ、一包化よろしくね!

ブン吉 ガーン!!

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ