DI Onlineのロゴ画像

情報パック
情報パック
日経DI2013年8月号

2013/08/10

日経ドラッグインフォメーション 2013年8月号 No.190

<BOOKS>
Dr.浅岡の本当にわかる漢方薬

◯西洋医学を学んだ医師や薬剤師向けに、漢方薬を日常診療にどう生かすかを解説した書。第1章で漢方薬の起源や構造などの基本事項を述べた上で、第2章で東洋医学の考え方に基づいた診断と治療、第3章で診察の手順と薬剤との関係、第4章で主な生薬と処方を解説。第5章では主な処方群(補気剤、補血剤など)についてまとめている。

◯著者は病院で東洋医学専門外来を担当した後に開業した医師。かぜ、花粉症、便秘といった日常診療でよく遭遇する症例を解説するコラムもあり、実践的。(A5判、197ページ)

浅岡 俊之 著 3885円/発行:2013年4月
羊土社(TEL03-5282-1211)


薬剤師の視点を連携に生かす
「在宅アセスメント」虎の巻

◯在宅医療における薬剤師のアセスメント業務をスムーズに行うためのツール「アセスメントシート」を用いた、実践的な在宅業務マニュアル。在宅の現場では、患者の服薬状況や心身状態のアセスメントが薬剤師の重要な役割であり、本書は症状や目的別に作られたアセスメントシートを用いた業務の進め方を解説する。

◯アセスメントシートは全部で21枚。「日常生活動作(ADL)」「認知機能」「排泄」「転倒」「脱水」「痛み」「高度排泄ケア」などの種類があり、様々な状況に合わせて活用することが可能。 (B5判、376ページ)

早川 達 監修 5880円/発行:2013年6月
日経BP(TEL03-6811-8200)


<掲示板>
開催予告
第11回 HIP研究会フォーラムin長崎

◯テーマ 死を考える~患者・家族に寄り添う薬剤師として~
◯日時 2013年9月7日(土)~8日(日)
◯場所 長崎大学薬学部キャンパスほか
◯プログラム シンポジウム「死を考える─患者・家族に寄り添う薬剤師として─」、無菌調剤実習、ほか
◯主催 HIP研究会
◯参加費 会員4000円、非会員5000円、非薬剤師2000円、学生1000円(当日参加の場合)
◯開催案内はこちら


第7回 日本緩和医療薬学会年会

◯テーマ 今、「絆」でつくる地域の緩和
◯日時 2013年9月15日(日)~16日(月・祝)
◯場所 幕張メッセ(千葉市美浜区)
◯プログラム ワークショップ「もう一歩前進する緩和的アプローチ・夜が眠れない」、教育セミナー「症状マネジメント~呼吸器系~」ほか
◯主催 日本緩和医療薬学会
◯参加費 会員1万円、非会員1万2000円、学生4000円(当日参加の場合)
◯開催案内はこちら


第23回 日本医療薬学会年会

◯テーマ 再興、再考、創ろう最高の医療の未来
◯日時 2013年9月21日(土)~22日(日)
◯場所 仙台国際センター(仙台市青葉区)、東北大学川内北キャンパスほか
◯プログラム 教育講演「分子標的薬剤の有害事象」「日本人の死因第3位に上がった肺炎抗菌薬治療はどこまで進んでいるか?」ほか
◯主催 日本医療薬学会
◯参加費 会員1万2000円、非会員1万5000円、学生4000円(当日参加の場合)
◯開催案内はこちら


第46回 日本薬剤師会学術大会

◯テーマ 薬剤師の新たな使命~120年の歴史を踏まえて~
◯日時 2013年9月22日(日)~23日(月・祝)
◯場所 大阪国際会議場(大阪市北区)、リーガロイヤルホテル(同)ほか
◯プログラム 分科会「薬剤師の新たな使命」「地域で向き合う認知症」「医薬分業の完成を目指して」「調剤報酬に係る諸問題を考える」ほか
◯主催 日本薬剤師会、大阪府薬剤師会
◯参加費 一般1万円、学生2000円(当日参加の場合)
◯開催案内はこちら

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ