DI Onlineのロゴ画像

DIクイズ1(A)
DIクイズ1:(A)アコファイドはFDのどの症状に効くか
日経DI2013年7月号

2013/07/10

日経ドラッグインフォメーション 2013年7月号 No.189

出題と解答 : 今泉 真知子
(秋葉病院[さいたま市南区]薬剤科)

A1

(1)食後の胃もたれ(食後膨満感)
(2)早期飽満感(早期満腹感)

 Fさんが医師から告げられた「FD」は、機能性ディスペプシア(functional dyspepsia:FD)の略称である。FDとは、胃の痛みや胃もたれなどの様々な症状が慢性的に続くにもかかわらず、上部消化管内視鏡などによる検査を行っても、原因となる潰瘍や癌などの器質的な疾患が発見できない病態を指す。

 機能性消化管障害の国際的診断基準であるRome基準(RomeIII)では、「6カ月以上前から症状があり、最近3カ月間はつらいと感じる食後のもたれ感、早期飽満感、心窩部痛および心窩部灼熱感のうち、1つ以上の症状があり、かつその原因となりそうな器質的疾患が確認されていない場合」と定義されている。

 FDは症状により、大きく2つのタイプに分けられる。1つは、食後の胃もたれや早期飽満感(すぐ満腹になったように感じる)など食事に関連して症状が出るタイプで、「食後愁訴症候群(PDS)」と呼ばれる。もう1つは、食事とは関係なく、心窩部(みぞおち)に痛みや灼熱感があるタイプで、「心窩部痛症候群(EPS)」と呼ばれる。

 FDの症状は患者によって非常に多様で、PDSとEPSを合併することも少なくない。Fさんは薬剤師に、「食事をするとすぐにおなかがいっぱいになり、胃もたれがする」と話していることから、PDSの傾向が強いFDであると考えられる。

 FDの原因は明らかではないが、(1)胃の運動障害(胃の排出能低下、胃の上部の拡張異常〔適応性弛緩障害〕)、(2)胃酸分泌過剰、(3)ヘリコバクター・ピロリ感染に伴う胃粘膜の慢性炎症、(4)胃や十二指腸の知覚過敏、(5)心理的要因─などの関与が指摘されている。

 中でも、Fさんが訴える食後の胃もたれや早期飽満感は、胃の運動障害の影響が大きいと考えられている。

 通常は、食物が胃の中に入ると、胃の上部が弛緩して食物が貯留され(適応性弛緩)、その後、蠕動運動により食物が少量ずつ胃の下部に降り、十二指腸に排出される。しかし、胃に運動障害がある患者では、食物が胃に入っても正常に弛緩しないため、すぐに飽満感を感じる。また、胃に食物をためられず、すぐに十二指腸に排出されることで、十二指腸が胃に働きかけて食物の排出を遅らせ、食後のもたれ感が出ることが分かっている。

 今回、Fさんに処方されたのは、消化管運動機能改善薬のアコチアミド塩酸塩水和物(商品名アコファイド)である。2013年6月に発売され、世界で初めてFDの適応を取得した薬として注目されている。

 アコチアミドは、アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、コリン作動性神経終末から遊離されたアセチルコリンの分解を抑制し、コリン作動性の胃の運動を増強する作用を持つ。適応症は、「FDにおける食後膨満感、上腹部膨満感、早期満腹感」、すなわちFDにおけるPDSの症状である。FDにおけるEPSの症状(心窩部痛や心窩部灼熱感)には、有効性が確認されていないことを知っておきたい。

 本薬は、アセチルコリンエステラーゼ阻害作用により胃以外の消化管の運動も亢進する可能性があるため、下痢や便秘、悪心、嘔吐といった副作用に注意したい。

こんな服薬指導を

イラスト:加賀 たえこ

 先生がおっしゃったFDというのは、ファンクショナル・ディスペプシア、つまり機能性の消化不良の略称です。Fさんのように胃の症状があるのに、検査をしても胃潰瘍などのはっきりした病気が見つからない場合を、最近はこう診断するようになっています。

 この疾患は、胃の消化運動がうまくいかないために起こることが多いと考えられています。今回Fさんに処方されたアコファイドは、胃の動きをよくするお薬です。先生は、Fさんが食事をするとすぐにおなかがいっぱいになったり、胃もたれがするのは、胃の動きが落ちているせいとお考えになったのだと思います。飲んでみてどうだったか、次回教えてくださいね。

参考文献
1)Modern Physician 2011;31(3):318-21.

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ