DI Onlineのロゴ画像

もっとカッコいい薬剤師
患者さんが薬局で「胸キュン」になる瞬間
日経DI2013年4月号

2013/04/10

日経ドラッグインフォメーション 2013年4月号 No.186

 読者の皆さんは、最近、胸がキュンとしたことがあるだろうか。

 4月は、人事異動や組織改編で職場環境が変わったり、新入社員を迎えたりする時期。自ら新天地でスタートを切る人もいるはずだ。新しい職場にはなじめるだろうか。どんな上司や同僚がいるのだろう。素敵な出会いがあるかもしれない-。人はそう思った時、胸がキュンとなる。「胸キュン」というのは、期待と不安が入り混じった感情なのだ。

 話変わって、薬局を訪れる患者さん。薬を飲むことで、つらい症状が良くなるだろうという期待を抱きつつ、副作用はないか、飲み方は難しくないかと、不安や恐怖心を抱いているはずだ。恐らく薬局に来た時点では、「期待<不安」だろう。

 そんな時こそ、カッコいい薬剤師の出番である。温かなまなざしで、患者さんの緊張を解きほぐす。患者さんの話に耳を傾け、一人で背負い込んでいた不安を和らげ、身も心も軽くしてあげる。それでいて、ちょっぴりシャイな一面も持ち、「また会いたい」と思わせる。患者さんの気持ちを「期待>不安」に変えてこそ、本当に胸キュンにさせてこそ、真のカッコいい薬剤師といえるのだ。

 ただし、患者さんの期待に応えるのは並大抵なことではない。大事なのは、薬剤師として「揺るぎない自信」を持つこと。自信を持って患者さんに対応する。そのために、薬剤師として日々精進し鍛練することが必要なのである。

 もっと言えば、患者さんから「あなたに胸キュンです。恋の病に効くお薬を下さい」と言われてこそ、究極のカッコいい薬剤師なのである。実際、わたくしめは今年の4月1日、なんと5人もの患者さんにそう告白されてしまった。……え?エイプリルフールだって? 胸が張り裂けそうである(泣)。 (ジャック)

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ