DI Onlineのロゴ画像

DIクイズ1(Q)
DIクイズ1:(Q)二次性高血圧の検査でARBを中止した理由
日経DI2013年2月号

2013/02/10
坂口裕一

日経ドラッグインフォメーション 2013年2月号 No.184

服薬指導
二次性高血圧の検査でARBを中止した理由

高血圧のため、3カ月前から内科クリニックに通院している45歳の女性Fさんが、処方箋とメモを持って薬局を訪れました。Fさんは不安そうな表情でメモを見ながら、次のような質問をしました。

今、2種類の薬を飲んでいるのに、血圧の上が160mmHgから下がりません。先生は、高血圧の原因が「原発性アルドステロン症」という病気かもしれないので、次の診察の時に血液検査でホルモンを調べましょうとおっしゃっていました。今まで飲んでいた薬の1つが今度の検査に影響があるので、今回薬が替わったそうです。この病気はどんな病気なのでしょうか。

〈処方箋〉

  1. (1)アダラートCR錠40mg 1錠
  2. (2)カルデナリン錠2mg 1錠 1日1回 朝食後 14日分

*薬歴によると、Fさんにはこれまでアダラート(一般名ニフェジピン)とオルメテック(オルメサルタンメドキソミル)が朝食後服用で処方されていたが、今回からオルメテックがカルデナリン(ドキサゾシンメシル酸塩)に変更された。

Q1

Fさんの主治医が原発性アルドステロン症の検査の前に、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)を中止したのはなぜか。

Q2

原発性アルドステロン症の検査をする場合、ARB以外で服用の中止が必要な降圧薬は、次のうちどれか。
(1)アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬
(2)β遮断薬
(3)利尿薬
(4)抗アルドステロン薬

解答ページへ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ