DI Onlineのロゴ画像

DIクイズ3(Q)
DIクイズ3:(Q)軟膏が変更された褥瘡患者
日経DI2013年1月号

2013/01/10

日経ドラッグインフォメーション 2013年1月号 No.183

服薬指導
軟膏が変更された褥瘡患者

脳梗塞後、左半身麻痺により車椅子で生活している67歳の男性Gさんが、皮膚科診療所を受診した帰りに処方箋を持って薬局を訪れました。Gさんの妻は、処方箋を差し出しながら、次のような質問をしました。

左足の指にできた褥瘡の治療で、邪魔な組織を取り除いてもらいました。それで、これからはイソジンシュガーパスタを使いましょうと先生に言われました。薬の名前らしくないので、おかしいなと思いました。シュガーって砂糖のことですか?また、パスタってスパゲティのことですか?

〈処方箋〉

  1.   イソジンシュガーパスタ軟膏 100g
      1日1~2回 患部に塗布

*薬歴によると、Gさんにはこれまでイソジンゲル(一般名ポビドンヨード)が処方されていたが、今回からイソジンシュガーパスタ軟膏(精製白糖・ポビドンヨード配合剤)に変更された。

Q1

「イソジンシュガーパスタ軟膏」に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。
(1)精製白糖(シュガー)は、創傷治癒過程に必要なエネルギーを補給するために配合されている。
(2)白糖は高浸透圧性で、褥瘡から出る多量の滲出液を吸収し、局所の浮腫を軽減する。
(3)軟膏基剤に液体を練り合わせた、軟膏よりも粘度の低いパスタ剤である。
(4)使用時に混ぜることにより軟らかくなる。

解答ページへ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ