DI Onlineのロゴ画像

DIクイズ1(Q)
DIクイズ1:(Q)膀胱炎にウラリットが処方された理由
日経DI2013年1月号

2013/01/10

日経ドラッグインフォメーション 2013年1月号 No.183

服薬指導
膀胱炎にウラリットが処方された理由

半年ほど前から病院の泌尿器科に通院していた26歳の女性Aさんが、大学病院の泌尿器科を受診した帰りに、処方箋を持って薬局を訪れました。病状を確認すると、Aさんは次のように話しました。

半年くらい前からトイレがすごく近くなって、薬を飲んでも治らないので、大学病院で検査をしてもらうようにと紹介状をもらったんです。それで大学病院で検査してもらったら、間質性膀胱炎だと診断されました。先生から、完全に治すのは難しい病気で、薬で症状をコントロールしていきましょうと言われました。痛風の治療にも使われている薬を出すと言っていましたが、膀胱炎と痛風の両方に効く薬なのですか。

〈処方箋〉

  1. (1)ウラリット配合錠 6錠
      アイピーディカプセル100
     3カプセル
     〔般〕ロキソプロフェンナトリウム水和物錠60mg 3錠
     〔般〕レバミピド錠100mg 3錠 1日3回 毎食後 30日分
  2. (2)トリプタノール錠10 1錠
      1日1回 就寝前 30日分

※薬歴によると、Aさんにはこれまでバップフォー(一般名プロピベリン塩酸塩)、ブラダロン(フラボキサート塩酸塩)、デパス(エチゾラム)、トリプタノール(アミトリプチリン塩酸塩)、ガバペン(ガバペンチン)、ハイペン(エトドラク)が処方されていた。

Q1

痛風の治療に使われるウラリット(一般名クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム水和物)が間質性膀胱炎に処方されたのはなぜか。

Q2

間質性膀胱炎患者が食事内容で注意すべきことは何か。

解答ページへ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ