DI Onlineのロゴ画像

DIクイズ3(Q)
DIクイズ3:(Q)メタボ患者にリピディルが追加された理由
日経DI2012年11月号

2012/11/10

日経ドラッグインフォメーション 2012年11月号 No.181

服薬指導
メタボ患者にリピディルが追加された理由

メタボリックシンドロームを合併した高血圧のため、内科診療所に通院している40歳の男性Sさんが、受診の帰り道に処方箋を持って薬局を訪れました。Sさんは処方箋を差し出しながら、次のような質問をしました。

食事や運動に気を付けていたのですが、あまり効果がなく、やっぱりコレステロールと尿酸値が高いようです。それで今日、先生に、「心臓の病気も心配だから、コレステロールを下げる薬を追加しましょう」と言われました。新しい薬には、尿酸値を下げる効果もあると聞いたのですが、今飲んでいる血圧の薬のように、1つの錠剤に2種類の成分が入っているのですか。

〈処方箋〉

  1.  エックスフォージ配合錠 1錠
    リピディル錠80mg 2錠
    1日1回 朝食後 30日分

※薬歴によると、今回からリピディル(一般名フェノフィブラート)が追加された。Sさんが持参した血液検査結果によると、トリグリセリド200mg/dL、LDLコレステロール160mg/dL(総コレステロール260mg/dL)、HDLコレステロール35mg/dL、尿酸7.1mg/dLだった。

Q1

高尿酸血症とメタボリックシンドロームに関する説明として、正しいものは次のうちどれか。
(1)高尿酸血症・痛風患者は、メタボリックシンドロームを高頻度で合併している。
(2)メタボリックシンドロームの診断基準には、高尿酸血症の定義である「血清尿酸値7.0mg/dL以上」が含まれている。
(3)リピディル(一般名フェノフィブラート)は、高トリグリセリド血症と高尿酸血症の合併例に有効とされる。

解答ページへ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ