DI Onlineのロゴ画像

特集:癌の処方箋
どう取り組む? 何ができる? 薬局での癌患者のケア
DIデジタル2012年10月号制作管理表

2012/10/10

日経ドラッグインフォメーション 2012年10月号 No.180

 外来で治療を受けている癌患者のケアには、病院と薬局との薬薬連携が欠かせない。各地の取り組みを取材した。

 ナカノ薬局と三聖堂薬局自由ヶ丘店はともに、愛知県がんセンター中央病院の門前薬局。来局する患者の多くが、同病院で治療を受けている癌患者だ。

医・看・薬・薬で情報共有

 同病院と薬局が連携を開始したのは4年ほど前。同病院薬剤部で、名城大学がんプロ担当でもある立松三千子氏が、近隣の薬局にアンケートを行い、その結果を基に病院の見学会を企画したのがきっかけだ。立松氏は、日本医療薬学会のがん専門薬剤師とがん指導薬剤師の資格を持つスペシャリスト。癌治療の外来シフトが進んでいることから、薬局との連携が不可欠と考え、まずは顔の見える関係をつくろうと考えたのだ。

薬局との連携を呼び掛けた薬剤部の立松三千子氏。

 こうした“助走期間”を経て、立松氏は今年1月、「医看薬薬連携研修会」を立ち上げた(写真3)。研修会に参加するのは、病院の医師、看護師、薬剤師、それに薬局の薬剤師だ。

写真3 愛知県がんセンター中央病院の“医看薬薬”連携の取り組み

病院の医師、看護師、薬剤師、そして薬局の薬剤師が集まる。この日は3カ所の門前薬局に加えて、近隣の病院や薬局の薬剤師も参加した。ディスカッションの時間には、薬局の薬剤師が1人ずつ発言し、病院への質問や意見を述べる。

オリジナルで作成した「ティーエスワン連絡帳」。癌の種類や服用方法を医師が記入するのがポイント。

画像のタップで拡大表示

 研修会では、薬局の薬剤師が、自分が経験したことや疑問に思っていることを、病院の医師や看護師に直接伝える時間が設けられている。ナカノ薬局、三聖堂薬局自由ヶ丘店はともに、研修会の“常連”メンバー。薬局の薬剤師が、「薬の飲み方について患者さんから質問を受けた。話をよく聞くと、医師に『分かるよね』と言われて『分からない』とは言えなかったらしい」などと、病院では把握していない情報をフィードバックすることもある。

 研修会の効果もあって、最近では、処方箋にコメントを入れたり、診察時に患者のお薬手帳を確認したりする医師も出てきた。立松氏は、「この研修会を通じて、医師や看護師が薬局薬剤師の業務の実態を知り、病院からの情報提供の必要性を理解してくれるようになった」と手応えを感じている。

 連携をさらに進めるため、立松氏が取り組んだのが、「ティーエスワン連絡帳」の作成だ。同薬は胃癌、大腸癌、乳癌など複数の種類の癌に使用され、使用法も様々。作成した連絡帳は、どの臓器の癌であるか、術後補助療法かどうか、さらに具体的な服用方法(4週投与、2週休薬など)や併用薬について、医師が直接記入して患者に渡すようにしている。連絡帳を見れば、薬局の薬剤師も医師の処方意図を正確に理解できる。さらに、毎日の服用状況や副作用の有無などは、患者が自分で記入するようになっており、連絡帳を介して、患者、病院、薬局が情報を共有できる。今後、使用する患者を増やしていく予定だ。

口腔ケアは薬局の出番

 癌の治療中であることが分かった患者に対して、両薬局で特に力を入れているのが口腔ケアだ。病院から、歯科領域での連携を提案されたのがきっかけだった。

 三聖堂薬局自由ヶ丘店管理薬剤師の秋山理恵氏は、抗癌剤を服用中の患者に対して、「お口の中に気になる症状はありませんか」などと積極的に確認する。「歯の治療が必要なことを医師に伝えていなかった」と患者から聞き取ったときには、医師にフィードバックすると同時に、歯科受診のタイミングをアドバイスしたこともある。待合室にも歯ブラシなどの口腔ケア用品を置いている(写真4)。「処方箋の向こう側にある治療の全体像を把握することで、的を射た服薬指導ができる。患者が自宅で生活できるよう、自ら考え、動くのが薬剤師の役割」と秋山氏。

写真4 三聖堂薬局自由ヶ丘店での癌患者に対する取り組み

口内炎対策として、歯ブラシや洗口液を薬局内で展示、販売している。

左から薬剤師の相川美由紀氏、管理薬剤師の秋山理恵氏、事務の鈴木かおり氏、倉島寿美氏。

 ナカノ薬局では、お薬手帳に貼るオリジナルのシールを作成し、うがいや歯磨きの重要性を伝えている。ワンパターンにならないよう複数の種類を作り、イラストも入れて患者の目に留まりやすくした(写真5)。「うがい薬が処方されている患者や、抗癌剤が初めてという患者から相談を受けたときには、お薬手帳にシールを貼るようにしている」と、薬剤師の佐藤由美氏は話す。

「患者さんの話をよく聞くことを心掛けている」と話す薬剤師の佐藤由美氏。。

写真5 ナカノ薬局での癌患者に対する取り組み

お薬手帳に貼るシールをオリジナルで作成。毎回、違うシールを貼ることで、患者の興味が持続するよう工夫した。

画像のタップで拡大表示

癌の治療を受けている患者向けに、口腔ケアの重要性を伝えるポスターを提示している。

画像のタップで拡大表示

 癌患者へのケアを通じて、こうした工夫と共に欠かせないのは、患者に寄りそう態度や細やかな心配り。佐藤氏は「外来で治療を受けている患者さんにとって、薬局は帰宅前に最後に立ち寄る場所。薬局に寄って良かったと思ってもらえるようなケアを心掛けている」と話す。患者が医師に言いにくいことがあれば「代わりに伝えましょうか」と声を掛けたり、患者が落ち込んでいるようならゆっくり話を聞くことなどに努めているという。

 ミキ薬局若松町店は、東京女子医科大学病院の門前に位置する大型の薬局だ。同病院薬剤部と連携して癌患者のケアに取り組んでおり、麻薬の処方箋だけでも月50枚程度に上る。

 店長の長久保久仁子氏が、学生時代の同級生が在籍していた縁で、同病院薬剤部の緩和医療の勉強会に参加したのが連携のきっかけ。「初めの頃は『ケモ』や『メタ』といった言葉の意味すら分からず、聞いてばかりだった」と長久保氏は振り返る。だが、勉強を重ねるうちに、癌の薬物療法に対する理解も進んできた。そんな折、病院の薬剤部から「XELOX療法の薬薬連携に取り組んでみないか」と誘われた。

 XELOX療法とは、大腸癌に対して、経口薬のカペシタビン(ゼローダ、XEL)注射薬のオキサリプラチン(エルプラット、OX)とを併用する方法。オキサリプラチンの点滴は病院で行うが、カペシタビンは院外処方される。カペシタビンの服薬指導は、薬局の役割だ。

チェックシートで重要事項を確認

 長久保氏は管理薬剤師の林裕子氏と2人で、カペシタビンを処方された患者への服薬サポートチェック表の作成に取り掛かった。その過程で判明したのは、病院では以前から患者に対して、XELOX療法を含め各種の化学療法のレジメンを書いた説明書を渡しているのに、患者はそれを薬局の薬剤師に見せていなかったということだった。

 そこで、患者に「病院から説明書をもらっていませんか」と尋ねたり、説明書がない場合は「病院で点滴治療を受けていますか、お薬の名前は分かりますか」と尋ねることで、直接病名を聞かなくても、XELOX療法かどうかをほぼ把握できることが分かった。さらに、飲み忘れや副作用の確認を加えて、「ゼローダ服薬サポートチェック表」を完成させた(写真6)。

 チェック表を用いてカペシタビンの服薬指導を行うことにより、薬剤師が患者に確認する項目が標準化され、肝心なことを聞きそびれることが減った。今では薬剤師全員が、チェック表を使いこなしている。

写真6 ミキ薬局若松町店での癌患者に対する取り組み

店長の長久保久仁子氏(左)と管理薬剤師の林裕子氏(林氏は現在は別店舗で店長を務める)。

「ゼローダ服薬サポートチェック表」に沿って確認することにより、患者から聞きもらすことが少なくなった。

画像のタップで拡大表示

 国立病院機構九州医療センターに隣接する福岡市薬剤師会薬局百道店。来局する患者のほとんどが同センターの患者だ。

 同薬局でも以前は、患者から聞き取った副作用症状などから、抗癌剤やレジメンを推測していたという。だがそれでは服薬指導をするにも限界があるため、2年ほど前に、薬局長の石橋久氏が同センターの薬剤部を訪問し、採用しているレジメンについて詳しい情報を得た。さらに、同センターで患者に渡す説明書も入手。こうした情報の共有により、患者が病院で説明されている内容に沿った説明を、薬局でもできるようになった。「病院で一度聞いただけではよく理解できなかったという患者さんも、薬剤師から重ねて説明を受けることで理解が深まるようだ」と石橋氏。

患者の日常生活をサポート

 同薬局では現在、服薬指導に加えて、癌患者の日常生活のサポートに力を入れている。その一つが、抗癌剤の副作用の重篤化を防ぐために役立つOTC薬などの品揃えを充実させることだ。希望する人に、各種のスキンケア、口腔ケア、栄養補助食品のリーフレットや試供品をまとめて渡している。名付けて「がんサポートファーストセット」(写真7)。

写真7 福岡市薬剤師会薬局百道店での癌患者に対する取り組み

「がんサポートファーストセット」の中身。スキンケアや口腔ケア対策用品のリーフレットや試供品をひとまとめにして渡す。

栄養補助食品は、レシピと一緒に紹介。

投薬カウンター横には、手や足の皮膚を保護するグッズを陳列。

 また、癌の治療中の患者は、抗癌剤の副作用のために食欲が落ちたり、口内炎による痛みのため、食事が困難になったりすることがある。同薬局では栄養補助食品の品ぞろえを増やすとともに、その利用方法をレシピ付きで紹介している。商品の選定に当たっては、病院の栄養管理部門にも相談した。

 さらに、抗癌剤の副作用である手足症候群対策として、投薬カウンター横に手足を乾燥から防ぐための靴下や手袋を展示し、必要な患者に薦めている。総薬局長を務める吉川学氏は、「癌患者のケアを通じて、薬剤師自身もレベルアップする必要がある」と話している。

百道店薬局長の石橋久氏(左)と総薬局長の吉川学氏。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ