DI Onlineのロゴ画像

DIクイズ4(Q)
DIクイズ4(Q) 抗HBV薬を処方された関節リウマチ患者
日経DI2012年9月号

2012/09/10

日経ドラッグインフォメーション 2012年9月号 No.179

疑義照会
抗HBV薬を処方された関節リウマチ患者

B型肝炎ウイルスの無症候性キャリアで、関節リウマチを治療中の55歳の女性Aさんが、近隣の病院の整形外科を受診した後、処方箋を持って薬局を訪れました。処方が変更されていたため確認すると、Aさんは次のように話しました。

これまで色々なリウマチの薬を試してきたのですが、副作用ばかりで中止になりました。今度使うリウマチの薬は、肝炎のウイルスが増える可能性があるから、肝炎のウイルスを抑える薬も始めると聞きました。

〈処方箋〉

  1. (1)リウマトレックスカプセル2mg 2カプセル
     月曜日 1日2回
     朝夕食後 1日分(実投与日数)
  2. (2)リウマトレックスカプセル2mg 1カプセル
     火曜日 1日1回
     朝食後 1日分(実投与日数)
  3. (3)ゼフィックス錠100 1錠
     1日1回 起床時 7日分

*薬歴によると、Aさんにはこれまでリマチル(一般名ブシラミン)やアザルフィジンEN(サラゾスルファピリジン)などの疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARDs)が投与されてきたが、いずれも副作用のために中止となり、今回から(1)(2)のリウマトレックス(メトトレキサート)が処方された。また今回から(3)のゼフィックス(ラミブジン)が開始された。

Q1

B型肝炎の無症候性キャリアであるAさんにゼフィックス(一般名ラミブジン)が処方されたことに関し、処方医にどのような確認が必要か。

解答ページへ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ