DI Onlineのロゴ画像

情報パック
情報パック
日経DI2012年8月号

2012/08/10

日経ドラッグインフォメーション 2012年8月号 No.178

<BOOKS>
薬学生・薬剤師のための
薬剤面談トレーニング帳

◯薬剤師が処方箋や薬歴、臨床検査値、患者からの情報などを収集・評価し、最適な調剤を行う、「薬剤面談」について解説した書。「計算実践」「処方解析」に次ぐ、トレーニング帳シリーズの第3弾。保険薬局や病棟での初回面談、薬剤交付・管理指導時の面談、チーム医療面談といったシーン別にケースを紹介しながら、順を追ってポイントを述べている。

◯各章の末尾には、応用力・実践力を身に付けるために、症例を提示した演習問題を収録。他に、障害のある患者への対応に関する記載も。 (B5変型判、304ページ)

門林宗男、前田初男 編 3780円 / 発行:2012年4月 化学同人(TEL075-352-3373)


イラストでよくわかる
がん治療とサポーティブケア

◯癌治療の際に起こり得る様々な副作用症状への対応方法について、患者とその家族向けに分かりやすく解説した書。貧血、悪心・嘔吐、下痢・便秘、味覚障害、手足症候群、間質性肺炎など、癌の薬物治療で副作用が起きるメカニズムと対策、生活上のアドバイスを詳説している。癌の危険因子や日本人のための癌の予防法などの紹介もある。

◯イラストを多用して、項目ごとに見開きで解説している。患者へのアドバイスの際にそのまま使えて便利。副作用ごとのリスク分類をまとめた巻末資料も充実している。 (B5判、94ページ)

田口哲也 監修 2100円 / 発行:2012年4月 じほう(TEL03-3233-6333)


緩和ケア・コンサルテーション

◯緩和ケアの知識、技術について解説した実務書。緩和ケアの定義から、患者・家族へのアプローチ方法、疼痛マネジメントの実際、疼痛治療薬の基礎知識、疼痛以外の症状の緩和、全人的ケアまでを解説している。巻末に、 「緩和ケアに用いる主な薬剤一覧」が付く。

◯先駆的に緩和ケアに携わり、現在、北九州市医療センター緩和ケア内科主任部長を務める著者が、自身の経験に基づいて、臨床の現場で役立つ情報をまとめている。緩和ケアの知識を身に付けたい全ての医療従事者に。(A5判、182ページ)

小早川晶 著 3360円 / 発行:2012年5月 南江堂(TEL03-3811-7239)


<掲示板>

開催予告
調剤薬局経営研究会船井調剤マーケティングフォーラム

◯テーマ 調剤薬局の経営
◯日時 2012年8月24日(金)13時~17時
◯場所 東京国際フォーラム(東京都千代田区)
◯プログラム 今後、調剤薬局が目指すべきは医療・介護事業の取り組みに尽きる!(船井総合研究所経営コンサルタント・清水洋一氏他)
◯主催 船井総合研究所
◯対象 薬局経営者
◯参加費 無料(20人まで、要事前申し込み)
◯問い合わせ先・申込先
船井総合研究所 士業コンサルティンググループ
TEL:03-6212-2933


開催予告
第1回 日本くすりと糖尿病学会 学術集会

◯テーマ 変革する糖尿病の薬物治療に向けて
◯日時 2012年9月22日(土)~23日(日)
◯場所 星薬科大学(東京都品川区)
◯プログラム インクレチン療法の新たな視点(関西電力病院院長・清野裕氏)
◯主催 日本くすりと糖尿病学会
◯参加費 会員8000円、非会員1万円(事前登録の場合、8月24日締め切り)
◯問い合わせ先
E-Mail:jpds2012@conet-cap.jp
◯ウェブサイトURL http://jpds.or.jp/

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んでいる人におすすめ