12月から「自動採点機能で腕試し!1日1問薬剤師国家試験」のクリスマス企画が始まりました(1日1問薬剤師国家試験、クリスマスまで2週間チャレンジ!)。皆さん調子はいかがですか。

 その前に実施した、11月の「勉強の秋」キャンペーン(1日1問薬剤師国家試験、11月の成績上位者100人に100ポイント進呈!)について、集計結果をご報告します。

 対象である11月1日から11月30日の出題分、計30問について、30問全て正解した「正答数30」の人数は、49人でした。次いで「正答数29」は28人、「正答数28」は23人で、ちょうど100人になりました。この正答数28以上の方100人を、11月分の成績上位者と認定します。

 この11月分成績上位者に対し100ポイントを贈呈しました。成績上位者の発表は、ポイントの贈呈をもって代えさせていただきます。

 ちなみに、11月に出題された30問のうち、正答率が9割超の問題は4問でした。逆に、正答率が4割未満のものは5問ありました。今回はその中で、正答率が38.8%と低かった問題をご紹介します。

【問題】
 院内の安全対策研修会で、下記の事例をもとに医療事故の対応を多職種で議論した。

[事例]
 60歳女性。関節リウマチの診断で今回より初めてメトトレキサートカプセル2mg 3カプセルが4週間分処方された。本来、週1回服用のところ、連日服用で28日分調剤された。服用開始18日目に倦怠感、食欲不振、歯肉出血が出現したため自己判断で服用を中止した。その3日後に外来受診し、検査の結果、口腔粘膜障害、胃腸障害、肝機能障害、骨髄抑制が認められたため緊急入院となった。

 議論の中で、この患者への処置について薬剤師が意見を求められた。この薬剤の特徴から考えて効果的なのはどれか。2つ選べ。


(1)ホリナートカルシウムの投与

(2)ビタミンK製剤の投与

(3)薬用炭の投与

(4)炭酸水素ナトリウム注射薬の投与


※解答解説は記事の最後で

 いかがでしょうか。この問題は、現役薬学生の正答率も低かったようです。

 これからも1日1問ずつ、年末年始も休むことなく出題します。既に出題された問題は、過去1週間分(その日を含めて7日間)さかのぼることができます。公開中の問題については、学校法人医学アカデミー 薬学ゼミナールによる解説がありますので、参考にしてください。

 回答すると、お一人様につき1日1問1ポイント獲得することができます。ポイントプログラムの詳細はこちらをご覧ください。

 11月に成績上位者となった人も、残念ながらなれなかった人も、まずはクリスマスまでチャレンジしてみてください!

解答:1、4
解説:【実務】メトトレキサートは葉酸代謝拮抗薬であるため、過量投与したときは活性型葉酸となるホリナートカルシウムの投与は効果的である。また、尿が酸性に傾くと、メトトレキサート及び代謝物が尿細管に析出する可能性があるため、尿のアルカリ化を目的に炭酸水素ナトリウム注射薬の投与、及び排泄を促進する目的で水分補給も効果的である。
(解説提供:学校法人医学アカデミー 薬学ゼミナール)