日経メディカルのロゴ画像

日経ヘルスケア 新製品紹介
4つの姿勢で利用者・介護者に優しい介護用電動ベッド
離床支援 マルチポジションベッド

離床支援マルチポジションベッド
キャスター脚99万円(税込み)、固定脚88万円(非課税)、
レンタル対応も可能/2020年10月全国発売
フランスベッド(株)
TEL:0120-083-413

 介護人材の不足や老々介護などの課題解決を目指し、5年をかけて開発した介護用電動ベッド。ボタン操作ひとつで、4つのポジションを取れる。
 
 「ベッドポジション」は、ベッド本来の眠る姿勢のこと。「リクライニングポジション」は、背上げと脚上げで任意の角度に調節し、リラックスした姿勢を取れる。「シーティングポジション」は、ベッドが椅子のように変形し、足裏を床につけた安定した座位姿勢を実現。「スタンディングポジション」は、リフトアップ機能で、立ち上がりや移乗をサポートする。日常生活の場面に応じてベッドが変形するため、利用者の自立支援や介護者の負担軽減につながる。さらに急性期リハビリのシーンでも活用できる。
 
 停電時に床板をフラットに戻せるようにバッテリーを搭載するなど、安全対策も充実している。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載の紹介

情報パック
本連載では、医療機関・介護施設に向けた新製品のほか、医療機関・介護施設経営、人材採用・育成、マネジメントの参考になる新刊書籍、各社開催の有益なセミナー情報を順次紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ