日経メディカルのロゴ画像

日経ヘルスケア 新製品紹介
ぷるそら
宇宙飛行士向けプログラムを応用したリハビリ機器

2019/09/18

ぷるそら
4万9800円(税抜き)/2019年8月発売
有人宇宙システム(株)
TEL:03-3211-3335

 手すりなどに機器を固定し、グリップを握って引っ張ることで筋力やバランス能力の回復を促すコンパクトなリハビリ機器。開発したのは国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の運用支援などを行う有人宇宙システム(株)(JAMSS)で、宇宙滞在中の宇宙飛行士に生じる筋力やバランス能力の低下を抑制するプログラムを応用した。

 初動から負荷をかけられ、張力負荷は側面のダイヤルで1〜3kgまで変えられる。そのため、関節可動域が限られた人や寝たきりの人にも利用できる。約400gと軽量で、サイズは15×8×5cm程度と小型のため訪問リハビリなどの際の持ち運びも容易だ。

 リハビリ機器2台と運動プログラムを説明する動画が収録されたDVDなどが付属するほか、指導者向け運動解説動画もウェブサイトで掲載している。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載の紹介

情報パック
本連載では、医療機関・介護施設に向けた新製品のほか、医療機関・介護施設経営、人材採用・育成、マネジメントの参考になる新刊書籍、各社開催の有益なセミナー情報を順次紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ