日経メディカルのロゴ画像

日経ヘルスケア 書籍新刊
医療職のための症状聞き方ガイド

2019/07/08

 看護師、薬剤師、介護職員などに向けて、患者や利用者がどんな状態であれば受診すべきかや、どの程度の緊急度かなどを判断するための指針を記した書籍。症状の訴えに対して、何をどのように、どんな流れで尋ねればよいのか、緊急搬送か安心してよいかの線引きを、かぜ症状、頭痛、呼吸困難など症候別に示した。

 見逃してはならない所見を「緊急度判断チェックリスト」として掲載。受診せず様子を見る場合の対応も解説するなど、実臨床に則した内容になっている。また、患者の状態を医師に伝える際に整理しておくべき情報を、項目ごとに紹介。依頼内容を述べた後に、患者の全体像、現在の状態、病歴の順に伝えるといったノウハウを記した。口頭での伝達に加え、文書で説明する場合の要点もまとめている。


■Amazonで購入

前野哲博 編集 2500円+税 (株)医学書院
ISBN978-4260036955 B5判 168ページ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載の紹介

情報パック
本連載では、医療機関・介護施設に向けた新製品のほか、医療機関・介護施設経営、人材採用・育成、マネジメントの参考になる新刊書籍、各社開催の有益なセミナー情報を順次紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ