日経メディカルのロゴ画像

医療・介護スタッフ 賃金速報◎理学療法士・作業療法士【2020年7月】
PT・OTの月給、東京と島根で約7万円差

 医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』では毎月、ハローワークや(株)メドレーが運営する求人サイト「ジョブメドレー」に掲載された求人広告から、看護師や介護職員、理学療法士・作業療法士といった医療・介護スタッフの賃金相場を集計し、連載コラム「医療・介護スタッフ 賃金速報」で分析している。

 病院・診療所および介護事業所の求人データから算出した2020年7月の理学療法士(PT)・作業療法士(OT)の賃金の総平均は、常勤が月給25万8770円、非常勤が時給1682円。地域別に見ると、常勤の最高額は関東の月給27万7838円、最低額は九州・沖縄の月給23万4749円である(表1)。

表1◎PT・OTの地域別賃金相場(2020年7月実績) ※クリックで拡大します

 都道府県別に見ると、常勤の月給が高いのは東京都(28万7772円)、神奈川県(28万946円)、大阪府(27万7647円)の順(表2)。最も低いのは島根県(21万8406円)で、次いで宮崎県(21万9331円)、秋田県(22万2751円)の順である。最も高い東京都と最も低い島根県の6万9366円と約7万円の開きがある。

 非常勤の時給は大阪府(1959円)、兵庫県(1932円)、東京都(1914円)の順に高く、佐賀県(1106円)、宮崎県(1160円)、青森県(1192円)の順に低い。最も高い大阪府と最も低い青森県の差は947円に上る。

 なお、賃金データは基本給と定期的に支払われる手当類(役職手当、資格手当)などを合計したもので、時間外手当などの所定外賃金や賞与は含んでいない。

 日経ヘルスケア9月号では、全都道府県の賃金データや病院・診療所別の相場、提示賃金の分布・推移などを解説しているので、ぜひご参照いただければ幸いである。

表2◎PT・OT(常勤・非常勤)の都道府県別賃金相場と順位
 ※クリックで拡大します

10月14日(水)日経クロスヘルス EXPO 2020
「オンライン診療・オンライン服薬指導が目指す未来」

 日経BPが10月にオンライン開催する「日経クロスヘルス EXPO 2020」では、「オンライン診療・オンライン服薬指導が目指す未来」というテーマのセミナーを実施します。菅政権の発足により、オンライン診療の時限的・特例的措置の恒久化の方向性が打ち出され、今後の動向から目が離せません。厚生労働省医政局医事課長の伯野春彦氏の基調講演をはじめ、先進事業者による効果的な活用法の紹介、普及に向けた課題などを議論するパネルディスカッションなど、必見の内容です。ぜひご聴講ください。

2020年10月14日(水) 14:00-15:30

オンライン診療・オンライン服薬指導が目指す未来(仮)
※オンライン開催

<演者>
・厚生労働省 医政局 医事課長 伯野 春彦 氏
・医療法人社団嗣業の会 理事長/日本遠隔医療学会オンライン診療分科会 会長
 黒木 春郎 氏
・医療法人法山会 理事長 山下 巌 氏
・社会医療法人祐愛会 織田病院 総合診療科 部長 織田 良正 氏
・社会医療法人博進会 理事長 小笠原 和人 氏
・メディカルグリーン 代表取締役社長 大澤 光司 氏

◆お申し込みはこちら

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載の紹介

医療・介護スタッフ 賃金速報
看護師や介護職員、理学療法士・作業療法士などの賃金水準を地域別に集計。ハローワークなどに掲載された全国の医療機関・介護事業所の求人広告を分析し、最新の賃金データを紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ