このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

レポート一覧へ

新着一覧へ

レポート

2018/6/27

第26回日本乳癌学会学術総会・患者セミナーより(第4回)

HER2陽性乳癌の術前・術後治療は化学療法+2種類の抗HER2薬に期待

化学療法+トラスツズマブ+ペルツズマブが使われる可能性

八倉巻尚子=医学ライター

CDK4/6阻害薬による術前・術後治療の試験が進行中

 細胞周期の進行を止めて癌細胞の増殖を抑える新しいタイプの薬が、転移・再発乳癌の治療に使われるようになっている。細胞周期促進因子のサイクリン依存性キナーゼ(CDK)4とCDK6を阻害するパルボシクリブという薬は、ホルモン受容体陽性の乳癌で有効性が証明されている。

 術前・術後治療でも、このパルボシクリブを用いた試験がいま行われている。ステージII・III期の乳癌患者を対象に、術後ホルモン療法と術後ホルモン療法+パルボシクリブを比較する試験、さらに術前治療後で再発リスクの高い患者を対象に、術後ホルモン療法と術後ホルモン療法+パルボシクリブを比較する試験がある。

 また別のCDK4/6阻害薬であるアベマシクリブの試験もある。再発リスクの高い患者を対象に、術後ホルモン療法と術後ホルモン療法+アベマシクリブが比較される。なお日本ではアベマシクリブは承認申請中である。

 「これらの試験の結果が出るのはまだ先なので、パルボシクリブやアベマシクリブの術前・術後治療がすぐにみなさんの元に届くわけではないが、注目される試験である」と永井氏は話した。

この記事を友達に伝える印刷用ページ