このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2022/05/18

非小細胞肺癌、肝細胞癌、胆道癌や乳癌などでアストラゼネカが抗癌薬の複数の承認申請

横山勇生=編集委員

 5月17日に都内で開催されたアストラゼネカ業績記者発表会で、非小細胞肺癌、肝細胞癌、胆道癌や乳癌などを対象に、抗癌薬の複数の承認申請を行っていることを明らかにした。

 申請していることが明らかになったのは、まず進行非小細胞肺癌の1次治療としての抗PD-L1抗体デュルバルマブと抗CTLA-4抗体tremelimumabの併用。併用療法が有効なことはPOSEIDON試験で示されている。また進行肝細胞癌の1次治療として、デュルバルマブとtremelimumabの併用療法の申請も行われていた。併用療法の有効性はHIMARAYA試験で示されている。進行肝細胞癌の1次治療としてデュルバルマブ単剤も申請されている。さらに進行胆道癌の1次治療として、デュルバルマブと化学療法の併用の申請も行われた。併用療法の有効性はTOPAZ-1試験で示されている。

 生殖細胞系列のBRCA遺伝子に変異を有する乳癌の術後補助療法として、オラパリブの申請も行われた。オラパリブの術後補助療法としての有効性はOlympiA試験で示されている。オラパリブは前立腺癌の1次治療としての申請も行われていた。前立腺癌の1次治療としての有効性はPROpel試験で示されている。

この記事を友達に伝える印刷用ページ
  • 大腸がんを生きるガイド
  • がん文献情報ナビ
  • 「がん情報文献ナビ」は、がんと治療薬に関する最新の英語論文を、ビジュアル検索できるサービスです(株式会社ワールドフージョンが運営しています)。 ご意見・お問い合わせはこちら