このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2022/03/02

頭頸部扁平上皮癌の術後療法でシスプラチン毎週投与+放射線治療の非劣性を示した試験が論文化、浸透に期待

横山勇生=編集委員

 再発リスクの高い局所進行頭頸部扁平上皮癌に対する術後補助療法として、副作用の少ないシスプラチン毎週投与+放射線治療が、標準治療であるシスプラチン3週毎投与+放射線治療に非劣性であることを証明した多施設無作為化フェーズ2/3試験であるJCOG1008試験の結果が、Journal of Clinical Oncology誌に3月1日付けで掲載された。論文化されたことで、新たな術後補助療法の標準治療としての浸透が期待される。

 高リスクの局所進行頭頸部扁平上皮癌(LA-SCCHN)に対する術後補助療法の標準治療は、シスプラチン(CDDP)100mg/m2の3週毎の3コース投与と放射線療法を同時併用する化学放射線療法(3-Weekly CDDP+RT)だった。しかし、吐き気、腎機能障害などの副作用が強いこと、副作用のために投与量を減らすことが多く、指示通りに治療を計画することが難しい、副作用のために長期の入院が必要、術後の手術部位の感染リスクが高まることなどの理由から普及していない。

 そして実臨床においては、CDDPの用量を30から40mg/m2に減量して毎週投与する化学放射線療法が多く使われている。しかし、標準治療である3-Weekly CDDP+RTとの比較試験がなかったため、シスプラチン毎週投与+放射線治療が標準治療と同等の治療効果を示せることは分かっていなかった。

 そこで、シスプラチン毎週投与+放射線治療が3-Weekly CDDP+RTに非劣性であることを検証するために実施されたのが、国立がん研究センター東病院の田原信氏、神戸大学の清田尚臣氏らが実施したJCOG1008試験だった。

 試験の結果、主要評価項目である全生存期間(OS)について、非劣性を示せたことが2020年の米国臨床腫瘍学会(ASCO 2020)で発表されていた(関連記事)。今回の論文においては、長期フォロー(3.5年)のOSデータを追加しており、非劣性が維持されていることが確認された。

 また田原氏は、「論文化されないとレジメン委員会で承認されない施設も多いことから、論文化されることで、実臨床でweekly CDDPが使用されることと思います」と、実臨床での普及への期待を語った。

この記事を友達に伝える印刷用ページ
  • 大腸がんを生きるガイド
  • がん文献情報ナビ
  • 「がん情報文献ナビ」は、がんと治療薬に関する最新の英語論文を、ビジュアル検索できるサービスです(株式会社ワールドフージョンが運営しています)。 ご意見・お問い合わせはこちら