このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2021/09/20

FOLFOXIRI+ベバシズマブ+アテゾリズマブによる1次治療は転移性大腸癌のPFSを有意に延長【ESMO 2021】

八倉巻尚子=医学ライター

 切除不能な転移性大腸癌(mCRC)患者に対して、FOLFOXIRIベバシズマブアテゾリズマブによる1次治療は、FOLFOXIRI+ベバシズマブに比べて有意に無増悪生存期間(PFS)を延長することが、無作為化フェーズ2試験であるAtezoTRIBE試験で明らかになった。ミスマッチ修復欠損のない(pMMR)mCRCでも効果が確認された。

 イタリアUniversity of PisaのChiara Cremolini氏らが、9月16日から21日までWEB上で開催されている欧州臨床腫瘍学会ESMO 2021)で発表した。

 AtezoTRIBE試験は前向きのオープンラベルフェーズ2試験として実施された。切除不能なmCRC患者で、ミスマッチ修復(MMR)、RAS遺伝子、BRAF遺伝子の状態に関わらず登録された。患者をFOLFOXIRI+ベバシズマブを投与する群(A群)またはFOLFOXIRI+ベバシズマブ+アテゾリズマブを投与する群(B群)に1:2で無作為に割り付けた。両群とも最大8サイクルまで行い、その後、維持療法として5-FU+ベバシズマブまたは5FU+ベバシズマブ+アテゾリズマブを病勢進行まで投与した。

 主要評価項目は PFSだった。A群の PFS 中央値を12カ月と想定し、B群のPFSハザード比0.66を検出するために、片側検定でαエラーは0.10、βエラーは0.15とし、129件のイベントが必要で、患者数は201人とされた。

 2018年11月から2020年2月までに、イタリア22施設で218人が登録した(A群73人、B群145人)。同時性転移のある患者はA群89%、B群86%で、肝臓のみの転移が27%と27%、原発巣が右側の患者が2群とも44%、RAS 変異のある患者が71%と73%、BRAF変異が14%と8%、原発巣が右側および/またはRAS変異のある患者が75%と82%だった。ミスマッチ修復機能欠損(dMMR)の患者が7%と6%だった。

 観察期間中央値19.9カ月で、PFSイベントはA群60人(82%)、B群99人(68%)だった。PFS中央値は、A群が11.5 カ月、B群が13.1カ月で、ハザード比0.69(80%信頼区間:0.56-0.85)、p=0.012で、アテゾリズマブを追加した群で有意なPFS延長が認められた。

 奏効率(ORR)は、A群が64%、B群が59%で、オッズ比が0.78(80%信頼区間:0.54-1.15)、p=0.412で有意差はなかった。手術によるR0切除率はA群37%、B群26%だった(p=0.175)。
 
 PFSのサブグループ解析でも、全体としてB群で良好だった。このうちMMRの状態でのみPFSに対する有用性は有意に異なった(交互作用p値0.010)。

 ミスマッチ修復機構欠損のある(dMMR)患者において、観察期間中央値は20.6カ月で、A群(5人)のPFS中央値は6.6カ月だが、B群(8人)は中央値に到達せず、ハザード比は0.11(80%信頼区間:0.14-0.35)で、p=0.002だった。

 ミスマッチ修復機構欠損のない(pMMR)患者において、観察期間中央値は19.9カ月で、PFS中央値はA群(67人)で11.4カ月、B群(132人)で12.9カ月、ハザード比0.78(80%信頼区間:0.62-0.97)、p=0.071となり、これは事前の統計学的設定から、アテゾリズマブ追加で有意なPFSの改善を示すとした。

 安全性について問題はなかった。グレード3/4の有害事象の頻度は低く、2群で有意な違いはなかった。免疫関連有害事象はA群で12%(グレード3/4は1%)、B群で27%(同3%)に認められた。

 以上の結果から、FOLFOXIRI+ベバシズマブにアテゾリズマブを追加することで、PFSが有意に延長し、主要評価項目は達成されたとした。全生存期間はデータカットオフ時点でイベントが28%であり、まだmatureでないとした。dMMR患者は人数は少ないが高い効果が認められ、pMMRにおいても有効性が示されたとした。pMMR患者においてアテゾリズマブ追加の有効性を予測するバイオマーカーの解析が進行中であると述べた。

この記事を友達に伝える印刷用ページ