このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2021/07/18

がん特異的ペプチドワクチンS-588410は食道癌の術後補助療法としてRFSを延長できず

横山勇生=編集委員

 塩野義製薬は7月16日、オンコセラピー・サイエンスから導入したがん特異的ペプチドワクチンS-588410の食道癌患者を対象としたフェーズ3試験で、主要評価項目である無再発生存期間(RFS)の延長を達成できなかったと発表した。

 同試験は、食道癌患者を対象にS-588410の術後補助療法としての有効性を検証することを目的としたプラセボ対照二重盲検無作為化比較フェーズ3試験。主要評価項目のRFSは、S-588410群とプラセボ群との間で有意な差はなかった。副次評価項目の1つである細胞傷害性Tリンパ球(CTL)誘導については、S-588410投与で高い誘導率が確認されたという。

この記事を友達に伝える印刷用ページ