このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2021/06/10

EGFR-TKI耐性のEGFR変異陽性進行非扁平上皮NSCLCへのニボルマブは化学療法よりPFSは短くOSは同等【ASCO 2021】

横山勇生=編集委員

 EGFR-TKI耐性となったEGFR変異陽性進行非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)に対して、ニボルマブ単剤はカルボプラチン+ペメトレキセドと比べて無増悪生存期間(PFS)は短く、全生存期間(OS)は同等であることが明らかとなった。また遺伝子解析の結果、腫瘍変異量(TMB)とPFSには関係がないことが示され、遺伝子発現解析からはニボルマブが効果を示した患者に特徴的な遺伝子の発現状態が認められた。日本で実施されたフェーズ2臨床試験であるWJOG8515L試験の結果示された。

 6月4日から8日にオンラインで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO 2021)で、近畿大学の林秀敏氏が発表した。

 WJOG8515L試験は、EGFR活性化変異陽性進行・再発非扁平上皮NSCLC患者で、EGFR-TKIで増悪となった患者を、ニボルマブ投与群とカルボプラチン+ペメトレキセド投与群に1対1で無作為に割り付けて行われた。適格基準は、第1/2世代EGFR-TKI投与で増悪し、T790Mが陽性でない患者(A)、2次治療で第3世代EGFR-TKIを投与されて増悪となった患者(B)、第3世代EGFR-TKIの1次治療で増悪となった患者(C)とされた。

 ニボルマブ投与群にはニボルマブ 3mg/kgを2週間隔で投与、カルボプラチン+ペメトレキセド投与群にはカルボプラチン(AUC 6)とペメトレキセド(500mg/m2)を3週間隔で投与し、4サイクル投与時点で病勢安定以上が得られていればペメトレキセド単剤による維持療法が行われた。主要評価項目はPFS、副次評価項目はOS、奏効割合、奏効期間、PD-L1発現度合い別のOSとPFS、安全性だった。探索的解析でバイオマーカー解析が行われた。

 試験で102人が無作為に割り付けられた(ニボルマブ投与群が52人、カルボプラチン+ペメトレキセド投与群が50人)。両群の患者背景に差はなかった。

 試験の結果、PFS中央値はニボルマブ投与群が1.7カ月(95%信頼区間:1.3-2.3)、カルボプラチン+ペメトレキセド投与群が5.6カ月(95%信頼区間:3.2-6.8)でハザード比1.92(95%信頼区間:1.27-2.90)、p=0.008でニボルマブ群が短かった。1年PFS率はニボルマブ投与群が9.6%、カルボプラチン+ペメトレキセド投与群が14.0%。PFSのサブグループ解析の結果も、PD-L1発現が陽性のグループも含めて概してカルボプラチン+ペメトレキセド投与群で優位だった。

 OS中央値はニボルマブ投与群が20.7カ月(95%信頼区間:15.2-28.0)、カルボプラチン+ペメトレキセド投与群が19.9カ月(95%信頼区間:12.2-22.6)でハザード比0.88、p=0.517で同等だった。OSのサブグループ解析の結果、どちらかの群が有意に良いグループはなかった。

 奏効率はニボルマブ投与群が9.6%、カルボプラチン+ペメトレキセド投与群が36.0%、奏効期間中央値はニボルマブ投与群が5.3カ月(95%信頼区間:4.6-NE)、カルボプラチン+ペメトレキセド投与群が5.5カ月(95%信頼区間:2.9-8.0)だった。ニボルマブ群の一部の患者で持続的な効果が認められた。

 TMBは50人で評価され、中央値は6.2mt/mbだった。TMBとPFSの間には有意な相関はなかった。また、T790M以外のEGFRの2次的な変異は認められなかった。

 ニボルマブを投与された患者で遺伝子発現解析を行ったところ、ニボルマブが効果を示した患者でCTL関連遺伝子の発現上昇が認められ、ニボルマブが効果を示さなかった患者で血管新生とEGFRに関連した遺伝子の発現上昇があった。また、ニボルマブ投与で6カ月超のPFSが得られた患者では、CD8陽性T細胞を遊走させるケモカインと細胞溶解性遺伝子の発現上昇が認められた。

 安全性に関する新たな問題は認められなかった。

この記事を友達に伝える印刷用ページ