このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2021/02/22

経口HSP90阻害薬pimitespib(TAS-116)が既治療進行消化管間質腫瘍のPFSを有意に延長

横山勇生=編集委員

 大鵬薬品工業は2月22日、経口HSP(Heat Shock Protein)90阻害薬であるpimitespibTAS-116)が、既治療の進行消化管間質腫瘍GIST)の無増悪生存期間(PFS)をプラセボよりも有意に延長できたと発表した。日本で実施されたフェーズ3試験であるCHAPTER-GIST-301試験の結果示された。

 試験結果の詳細は、今後学術集会や学術雑誌で公表の予定。

 CHAPTER-GIST-301試験は、標準治療薬に不応または不耐と判断されたGIST患者においてTAS-116とプラセボを比較した無作為割付二重盲検フェーズ3試験。GISTに対してイマチニブ、スニチニブおよびレゴラフェニブの治療歴がある20歳以上の81人を対象に国内で実施された。主要評価項目はPFS、副次評価項目は全生存期間(OS)、安全性、QOLなど。

この記事を友達に伝える印刷用ページ