このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2021/01/05

第一三共が癌治療用ウイルスG47Δを悪性神経膠腫対象に日本で承認申請

横山勇生=編集委員

 第一三共は1月5日、同社が東京大学医科学研究所教授の藤堂具紀氏と共同で開発中の癌治療用ウイルスG47Δteserpaturev、開発コード:DS-1647)について、2020年12月28日付で、悪性神経膠腫を対象とする再生医療等製品製造販売承認申請を国内で実施したと発表した。

 今回の申請は、藤堂氏が実施した医師主導治験で、膠芽腫患者対象の国内フェーズ2試験の結果に基づく。試験の結果、主要評価項目である1年生存率の達成基準を満たしたという。試験結果の詳細は、今後、藤堂氏が論文などで公表する予定。

 G47Δは、癌細胞でのみ増殖可能となるよう設計された人為的三重変異を有する増殖型遺伝子組換え単純ヘルペスウイルス1型。2016年2月に悪性神経膠腫を対象に先駆け審査指定を受け、2017年7月に希少疾病用再生医療等製品の指定を受けている。

この記事を友達に伝える印刷用ページ