このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2020/12/12

乳癌サバイバーの妊娠は少ないが長期生存への影響もなく乳癌後の妊娠は安全【SABCS2020】

八倉巻尚子=医学ライター

 乳癌サバイバー妊娠は一般集団の健康女性に比べて少なく、低体重児や早産などのリスクは高いが、長期生存への影響はなく、乳癌後の妊娠は安全であることがメタ解析で明らかになった。イタリアIRCCS Ospedale Policlinico San MartinoのEva Blondeaux氏らが、12月8日から11日まで開催された2020 Virtual San Antonio Breast Cancer Symposium(SABCS2020)で発表した。

 乳癌の診断や乳癌治療後の妊娠は、若い乳癌サバイバーにとって重要な問題である。乳癌既往のある若い女性において妊娠の可能性と出産転帰、母体の安全性を調査することを目的にシステマティックレビューとメタ解析が行われた。

 評価項目として、乳癌患者における妊娠の機会を一般集団の健康な女性および他の癌サバイバーと比較する。また妊娠の合併症や妊娠と出産の転帰、胎児の転帰を一般集団の健康な女性と比較する。さらに乳癌後に妊娠した場合と妊娠しなかった場合との生存への影響から母体の安全性を評価することとした。

 乳癌発症後に妊娠を経験した患者を含む、後ろ向きおよび前向き症例対照研究およびコホート39報を解析対象とした。

 妊娠の機会について、データのあった7報における乳癌患者は48513人だった。解析の結果、一般集団の女性と比較して、乳癌を経験した患者の妊娠は有意に60%低かった(相対リスク0.40、95%信頼区間:0.32-0.49、p<0.001)。また肝癌や大腸癌、卵巣癌などを含めた癌患者全体では、一般集団の女性と比較して35%低かった(相対リスク0.65、95%信頼区間:0.55-0.77、p<0.001)。

 次に出産の転帰について、解析した9報の乳癌患者は3240人だった。一般集団の女性に比べて、乳癌サバイバーでは低体重児のリスクが50%高かった(オッズ比1.50、95%信頼区間:1.31-1.73、p<0.001)。早産のリスクが45%高く(オッズ比 1.45、95%信頼区間:1.11-1.88、p=0.006)、在胎月齢に比べて小さい(small for gestational age; SGA)リスクが16%高かった(オッズ比 1.16、95%信頼区間:1.01-1.33、p=0.039)。また帝王切開のリスクが14%高かった(オッズ比1.14、95%信頼区間:1.04-1.25、p=0.007)。

 しかし先天性異常のリスクは有意ではなかった(オッズ比1.63、95%信頼区間:0.89-2.98)。自然流産や産前産後出血も有意なリスク増加はなかった。

 サブグループ解析で、低体重児のリスクは化学療法を受けた患者で高く、SGAリスクは化学療法および乳癌の診断から妊娠までの期間が長い場合にリスクは高くなった。

 母体の安全性について、解析した11報において乳癌後に妊娠した患者は2003人だった。乳癌後に妊娠していない乳癌患者と比較して、乳癌後に妊娠した患者では、無病生存(DFS)のハザード比0.73(95%信頼区間:0.56-0.94)、p=0.016で、再発リスクは27%低かった。全生存(OS)のハザード比は0.56(95%信頼区間:0.46-0.67)、p<0.001で、死亡リスクは44%低かった。

 さらにguarantee-time bias(ここでは、体調が良く予後が良好な女性は妊娠しやすいというhealthy mother effect)で補正した場合でも同様の結果が示された。再発リスクは26%低く(DFSハザード比0.74、95%信頼区間:0.58-0.96、p=0.023)、死亡リスクは48%低かった(OSハザード比0.52、95%信頼区間:0.42-0.65、p<0.001)。

 サブグループ解析で、BRCA遺伝子の状態は予後には影響しなかった。リンパ節転移陰性の患者および化学療法を受けていない患者ではOSは有意に良好で、ホルモン受容体陰性の患者ではDFSが良好だった。

 以上のことから、このメタ解析の結果は、乳癌既往のある女性において、妊娠の可能性と安全性に関する確かなエビデンスを示しているとした。ただし胎児や出産の合併症のリスクは高いことから、特に化学療法を受けた女性では、妊娠のより綿密なモニタリングが求められると述べた。また乳癌サバイバーでは妊娠の機会が一般集団の女性に比べて低いことから、がん生殖医療(oncofertility)カウンセリングを提供することの重要性について、認識を高める必要があるとし、さらに乳癌後の妊娠による予後への影響がないことは、患者の妊娠希望をより深く考える必要性を示しているとした。

この記事を友達に伝える印刷用ページ
  • 大腸がんを生きるガイド
  • がん文献情報ナビ
  • 「がん情報文献ナビ」は、がんと治療薬に関する最新の英語論文を、ビジュアル検索できるサービスです(株式会社ワールドフージョンが運営しています)。 ご意見・お問い合わせはこちら