このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2020/12/11

乳癌放射線治療中に起こる症状はCTCAE評価では見逃されやすく患者報告アウトカムが重要【SABCS2020】

八倉巻尚子=医学ライター

 乳癌の放射線治療に起こる痛みや痒み、浮腫、疲労といった急性期の症状は、有害事象共通用語規準(CTCAE)による評価では見逃されやすく、特に若年者では十分な評価がされていない可能性が、医師による毒性の評価と患者報告アウトカムPRO)とを比較した多施設コホート研究で明らかになった。この結果から臨床試験ではPROの収集が重要であるとしている。University of MichiganのReshma Jagsi氏らが、12月8日から11日まで開催されている2020 Virtual San Antonio Breast Cancer Symposium(SABCS2020)で発表した。

 治療中の患者の症状を認識することは適切な支持療法を行うために重要であるが、臨床試験ではCTCAEを使用して評価することが多い。また痛みなどの症状は人種によって違うという報告もある(Jagsi et al. J Clin Oncol.2020)。そこで研究グループは、乳癌放射線治療中の急性期の毒性について医師と患者の報告を比較し、また毒性についての評価不足(under-recognition)が特に人種的マイノリティの患者であるかを検討した。

 29の医療機関で乳房円状部分切除術後に放射線治療を受けた乳癌患者が、多施設コンソーシアムMichigan Radiation Oncology Quality Consortium(MROQC)に登録された。2012年1月1日から2020年3月31日までに放射線治療を受けた13725人のうち、9941人が放射線治療中に少なくとも1回は患者報告アウトカム(PRO)質問票に回答した。

 PRO評価の3日以内に医師によるCTCAE評価が得られた場合に、4つの症状(痛み、痒み、浮腫、疲れ)について患者と医師の評価が比較された。

 痛みについて、患者は、疼痛質問票Brief Pain Inventoryの改訂版を用いて、過去24時間の乳房の痛みを評価した。患者が中等度の痛み(スコア4-6)を報告したが、医師はCTCAEで痛みのグレードを0(痛みなし)と評価した場合、あるいは患者が重度の痛み(スコア7-10)を報告したが、医師はCTCAEでグレード1以下と評価した場合に、医師は痛みについて評価不足(under-recognition)とみなされた。

 痒みと浮腫は、皮膚疾患特異的QOL尺度Skindexを改良したスケールで測定した。患者が痒みや腫れの悩みがしばしば、あるいはずっとあると報告したときに、医師がそれらの症状はない(グレード0)と評価した場合、医師は痒みと浮腫について評価不足とみなされた。

 疲労について、患者がほとんどの時間あるいは常に疲労があると報告したときに、医師が疲労はない(グレード0)と評価した場合、医師は疲労について評価不足とみなされた。

 研究では、これら4つの症状のうち少なくとも1つについての評価不足が、治療期間中に1回以上起こった患者の割合を調べた。また多変量ロジスティック回帰を用いて、評価不足の予測因子を検討した。

 この結果、中等度/重度の痛みを報告した患者は9940人中3434人(34.5%)、頻回な痒みが9923人中3039人(30.6%)、頻回な浮腫は9906人中2363人(23.9%)、重度の疲労が8860人中2209人(24.9%)だった。

 評価不足は9868人の患者において評価でき、患者と医師からの報告は37593件だった。中等度/重度の痛みについては6781人中2094人(30.9%)が評価不足に、頻回な痒みは2039人中748人(36.7%)、頻回な浮腫は4492人中2309人(51.4%)、重度の疲労は2079人中390人(18.8%)だった。

 放射線治療中に1つ以上の症状を報告した5510人の中で、上記4つの症状のうち少なくとも1つの症状についての評価不足が治療中に1回以上あった患者は2933人(53.2%)だった。

 評価不足の独立関連因子は、若年、黒人およびその他の人種、従来の照射分割の使用、鎖骨上への照射がないこと、アカデミックセンターで治療されることであった。このうち年齢に関して、60-69歳に対して50歳未満のオッズ比は1.4、50-59歳のオッズ比は1.2だった。また白人に対する黒人のオッズ比は1.9、その他の人種のオッズ比は1.8であった。

 以上の結果から、有害事象の検出にCTCAEでは重要な症状を見逃してしまう可能性があるため、PROの収集は臨床試験に重要だろうとした。また今回の研究で医師は若年者や黒人あるいはその他の人種の患者では症状を見逃していることも明らかになったとした。

この記事を友達に伝える印刷用ページ