このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2020/09/18

EGFR変異陽性の進行NSCLCに対するラムシルマブ、RELAYレジメンで期待通りの薬剤暴露量と効果【ESMO2020】

中西美荷=医学ライター

 EGFR変異陽性進行非小細胞肺癌(NSCLC)に対するラムシルマブを10mg/kg 2週毎投与(Q2W)とした1次治療のフェーズ3試験RELAYでは、10mg/kgを3週毎投与(Q3W)としたREVEL試験よりもより高い薬物暴露量と効果が得られていた。9月21日までWEB開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO)Virtual Congress 2020 において、RELAY試験のグローバル治験責任医師である近畿大学の中川和彦氏が報告した。

 RELAY試験では、より適切な薬物暴露量と反応を得るべく10mg/kg Q2Wが採用された。

 8mg/kg Q2Wを用いたフェーズ3試験REGARDおよびRAINBOW、NSCLCに対する2次治療として10mg/kg Q3Wを用いたフェーズ3試験REVELの暴露-反応解析により、ラムシルマブの初回投与時最低血清中濃度(Cmin,1)または定常状態における最低血清中濃度(Cmin,ss)が高い患者では有効性が高いことが示され、用量レジメンを変更することによりアウトカムを改善できる可能性が示唆されていた(Tabernero J et al. Mol Cancer Ther. 2017;16:2215-22)。

 今回行われたRELAY試験の暴露-反応解析では、10mg/kg Q2W投与後の定常状態におけるラムシルマブの血清中濃度は、期待したとおり、REVEL試験での10mg/kg Q3W投与後と比較して高値を示し、より早い段階で標的に適切な薬物暴露量に達していた(Cmin,ss幾何平均[CV%]=85.7μg/mL[32%])。また70%以上の患者において、REVEL試験におけるCmin,ssの第四四分位(54.9-117μg/mL)と同等のCmin,ssが得られていた。

 Cmin,1の四分位別にPFSの多変量Cox回帰解析を行ったところ、第一四分位(<25%)ではHR=0.671(95%信頼区間:0.452-0.994)、第二四分位(25≦50%)はHR=0.769(95%信頼区間:0.528-1.120)、第三四分位(50≦75%)はHR=0.566(95%信頼区間:0.381-0.843)、第四四分位(≧75%)はHR=0.504(95%信頼区間:0.334-0.759)だった。

 またRELAY Part B ITT集団(216例、119イベント)におけるPFSとCmin,1推定値との関係は、単変量解析でHR=0.841(95%信頼区間:0.594-1.192、Wald検定p=0.339)、ECOG PS補正後の多変量解析でHR=0.824(95%信頼区間:0.572-1.186、p=0.2971)。

 ラムシルマブ10mg/kg Q2W投与後の暴露-効果に、統計学的あるいは臨床的に意義ある関連性は認められなかった。

 有害事象についても、全グレード、グレード3以上ともに、Cmin,ss四分位による違いはなく、統計学的あるいは臨床的に意義ある関連性は認められなかった。

 RELAY試験では、ラムシルマブ群において主要評価項目の無増悪生存期間(PFS)が有意に延長し(12.4カ月vs19.4カ月、層別化ハザード比[HR]0.59、p<0.0001)、安全性プロフィールは従来の知見と一貫性が認められたことが、すでに報告されている(Nakagawa K et al., Lancet Oncol 2019 Dec;20(12):1655-1669)。

 今回の暴露-反応解析により、RELAY試験で推奨されたラムシルマブ10mg/kg・2週毎(Q2W)静脈内投与とエルロチニブ150mg/日経口投与というレジメンは、EGFR変異陽性の進行NSCLCにおいて安全に高い有効性を得ることができる1次治療であることが示された。

この記事を友達に伝える印刷用ページ