このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2020/05/31

ドセタキセル投与歴のある進行胃・食道胃接合部腺癌の2次治療でFOLFIRIとラムシルマブ併用が有効な可能性【ASCO2020】

横山勇生=編集委員

 ドセタキセルの投与歴がある進行胃・食道胃接合部腺癌の2次治療として、FOLFIRIとラムシルマブの併用療法が有効である可能性が明らかとなった。FOLFIRIラムシルマブの併用療法とパクリタキセルとラムシルマブの併用療法を比較したフェーズ2試験であるRAMIRIS試験の結果示された。5月29日から31日までVirtual形式で開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2020)で、ドイツTechnische Universitat MunchenのSylvie Lorenzen氏が発表した。

 RAMIRIS試験は、多施設無作為化医師主導フェーズ2試験。進行胃・胃食道接合部腺癌で、フルオロピリミジン系抗癌薬と白金系抗癌薬を含むレジメンで治療後に増悪した患者を、FOLFIRIと2週間おきにラムシルマブを併用投与する群(FOLFIRI+ラムシルマブ群)とパクリタキセル(28日間を1サイクルとして1日目、8日目、15日目に投与)と2週間おきにラムシルマブを併用投与する群(パクリタキセル+ラムシルマブ群)に2対1で割り付けて行われた。主要な評価項目は、全生存期間(OS)、奏効率、病勢コントロール率(DCR)、無増悪生存期間(PFS)と毒性だった。

 111人(年齢中央値が61歳、ドセタキセル投与歴があったのが65%)が登録され、110人がITTとして解析された。FOLFIRI+ラムシルマブ群が72人、パクリタキセル+ラムシルマブ群が38人だった。

 試験の結果、ITTでOS中央値は、FOLFIRI+ラムシルマブ群が6.8カ月、パクリタキセル+ラムシルマブ群が7.6カ月で、p=0.89、PFS中央値は、FOLFIRI+ラムシルマブ群が3.9カ月、パクリタキセル+ラムシルマブ群が3.6カ月で、p=0.14で、両群間に有意な差はなかった。

 ドセタキセルの投与歴があった72人について解析すると、PFS中央値は、FOLFIRI+ラムシルマブ群が4.6カ月、パクリタキセル+ラムシルマブ群が2.1カ月で、p=0.0070で有意にFOLFIRI+ラムシルマブ群が良好だった。OS中央値は、FOLFIRI+ラムシルマブ群が7.5カ月、パクリタキセル+ラムシルマブ群が6.6カ月で、p=0.47で差がなかった。

 奏効率はITTでFOLFIRI+ラムシルマブ群が22%、パクリタキセル+ラムシルマブ群が11%、DCRはFOLFIRI+ラムシルマブ群が61%、パクリタキセル+ラムシルマブ群が58%だった。ドセタキセルの投与歴があった患者の奏効率は、FOLFIRI+ラムシルマブ群が25%、パクリタキセル+ラムシルマブ群が8%、DCRはFOLFIRI+ラムシルマブ群が65%、パクリタキセル+ラムシルマブ群が37%だった。

 両群とも忍容性が認められた。

この記事を友達に伝える印刷用ページ