このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2020/02/21

アレクチニブが再発または難治性のALK融合遺伝子陽性の未分化大細胞リンパ腫へ適応拡大

横山勇生=編集委員

 中外製薬は2月21日、ALK阻害薬アレクチニブについて、再発または難治性のALK融合遺伝子陽性の未分化大細胞リンパ腫への適応拡大を獲得したと発表した。

 ALK陽性ALCLは比較的若年に発生することが知られている。1次治療としてアントラサイクリンをベースにした化学療法が小児、成人で行われ良い効果を示し、ブレンツキシマブ ベトチンも効果を発揮する。しかし、再発・難治性となった場合の標準療法はなく、予後が悪いことが知られている。

 今回の適応拡大は、革新的がん医療実用化研究事業として2015年5月から実施された医師主導治験(ALC-ALCL 試験)の結果に基づいている。試験の結果は、2018年の米国血液学会で発表されていた。

この記事を友達に伝える印刷用ページ