このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2020/02/13

経口DNAメチル化阻害配合薬ASTX727がCMML、MDSを対象に米国で申請受理

横山勇生=編集委員

 大塚製薬は2月12日、経口DNAメチル化阻害配合薬であるASTX727経口C-DEC)について、慢性骨髄単球性白血病CMML)、中等度から高リスクの未治療の骨髄異形成症候群(MDS)を対象にした申請が米食品医薬品局(FDA)によって受理され、優先審査される予定だと発表した。

 ASTX727は、同社の米国子会社である Astex Pharmaceuticalsが開発した薬剤。DNAメチル化阻害剤デシタビンとその代謝酵素であるシチジンデアミナーゼの阻害剤Cedazuridineから構成され、世界初の経口DNAメチル化阻害配合薬になると期待されている。フェーズ3試験であるASCERTAIN試験の結果、ASTX727の1日1回5日間投与がデシタビンの1日1回5日間静注と同等の薬物動態、薬力学、安全性、忍容性を示すことが確認されている。

 なお、日本ではフェーズ1試験を実施中。

この記事を友達に伝える印刷用ページ