このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2020/01/25

進行胃癌に対するレンバチニブと抗PD-1抗体ペムブロリズマブの併用が有効な可能性【ASCO GI2020】

横山勇生=編集委員

 進行胃癌に対してレンバチニブ抗PD-1抗体ペムブロリズマブの併用が有効な可能性が明らかとなった。国立がん研究センター東病院で行われたオープンラベルフェーズ2試験であるEPOC1706試験の結果、副作用は受容可能な範囲で高い奏効率を示した。1月23日から25日まで米サンフランシスコで開催されているGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2020)で、国立がん研究センター東病院の川添彬人氏が発表した。

 試験は、PS 0-1で測定可能病変を有し、臓器機能、骨髄機能が適切な進行胃癌患者を対象に行われた。患者には毎日20mgのレンバチニブと3週おきに200mgのペムブロリズマブ投与が行われた。主要評価項目は研究グループの評価による奏効率。副次評価項目は、病勢コントロール率(DCR)、無増悪生存期間(PFS)、全生存期間(OS)、副作用の発現率だった。PD-L1発現量(CPS:combined positive score)と腫瘍変異量(TMB)をバイオマーカーとする有効性の評価も行われた。

 試験には2018年10月から2019年3月までに29人が登録され、抗腫瘍効果が評価された。患者の年齢中央値は70歳(45-63)、男性が26人(90%)、びまん型が14人(48%)、1次治療で投与されたのが14人(48%)、2次治療で投与されたのが15人(52%)。HER2陽性が5人(17%)、dMMRが2人(7%)、CPS1以上が19人(66%)だった。

 試験の結果、奏効率は69%(95%信頼区間:49-85)で、1人で完全奏効(CR)が得られた。DCRは100%(95%信頼区間:88-100)だった。奏効に関するサブグループの結果は、肝転移患者で7人(54%)、腹膜転移患者で4人(44%)、1次治療で10人(71%)、2次治療で10人(67%)、pMMRで19人(70%)、CPS1以上で16人(84%)、CPS1未満で4人(40%)、CPS10以上で5人(100%)、TMBが中央値より高で9人(82%)、低で6人(60%)だった。

 多くの患者でレンバチニブの減量が早期に行われていたが、12人で投薬が継続されていた。持続的に効果が継続する患者も多く認められた。

 全患者でのPFS中央値は7.1カ月(95%信頼区間:4.2-10.0)。OS中央値は未到達(95%信頼区間:NR-NR)だった。CPS1以上の患者のPFS中央値は7.1カ月、CPS1未満は5.4カ月だった。TMB高患者のPFS中央値は9.1カ月、低患者は5.4カ月だった。

 グレード3以上の副作用は、全体で13人(45%)に発現し、高血圧が11人(38%)、蛋白尿が5人(17%)、血小板数減少が2人(7%)だった。

この記事を友達に伝える印刷用ページ