このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2019/8/1

閉経後HR陽性進行乳癌の1次治療または2次治療でフルベストラントとribociclibの併用がOSを有意に延長

横山勇生=編集委員

 スイスNovartis社は7月31日、閉経後ホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性進行乳癌の1次治療または2次治療として、フルベストラントとCDK4/6阻害薬ribociclibを併用投与することは、フルベストラントとプラセボを併用投与するよりも有意に全生存期間(OS)を延長することが明らかとなったと発表した。フェーズ3試験であるMONALEESA-3試験の事前に規定されたOSに関する解析の結果示された。

 ribociclibについてはMONALEESA-7試験で、内分泌療法の治療歴がない閉経前、閉経期のHR陽性HER2陰性進行乳癌患者において、卵巣機能抑制療法と標準的な内分泌療法にribociclibを加えた方がOSを有意に延長できることが今年の米国臨床腫瘍学会(ASCO2019)で発表されている。今回、2つのフェーズ3試験でribociclibのOS延長効果が示され、また閉経前から閉経後までの患者でOSの延長効果が示されたことになる。

 MONALEESA-3試験は、閉経後HR陽性HER2陰性進行乳癌の1次治療または2次治療として、フルベストラントとribociclibの併用投与群と、フルベストラントとプラセボの併用投与群を比較したフェーズ3試験。フルベストラントとribociclibの併用投与群が、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)を有意に延長することは既に報告されている。OSは副次評価項目だった。

 OSの結果の詳細は、今後学会で発表される予定だ。

この記事を友達に伝える印刷用ページ