このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2019/7/29

日本で高リスクmHSPC患者の臨床転帰を観察するレジストリ試験をヤンセンが実施、日泌とアドバイザー契約

横山勇生=編集委員

 ヤンセンファーマは7月29日、日本における高リスク転移性ホルモン感受性前立腺癌mHSPC)患者を対象に、臨床転帰を観察することを目的としたレジストリ試験を開始するため、日本泌尿器科学会とアドバイザー契約を締結したと発表した。

 今回の契約に基づいて、日本泌尿器科学会は研究計画や得られたデータの解析結果の医学的解釈について助言などの支援を行う。なお、高リスクは、Gleason score 8 以上、骨転移3カ所以上、内臓転移の存在の3つのリスク因子のうち2つ以上有する場合と定義されている。

 実施されるのは、多施設共同、前向き、 観察的レジストリ試験。約60施設で1000例を集める計画だ。日本の通常診療における高リスクmHSPC患者に関する臨床転帰、患者報告アウトカム(PRO)を長期に観察する。通常診療のデータを大規模に解析することで、高リスクmHSPC患者への種々の治療法から効果が得られるのが、どのような患者であるかを明らかにする。

この記事を友達に伝える印刷用ページ