このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2018/12/6

トリプルネガティブ乳癌への術後補助療法の開始が30日以内だと再発または死亡のリスクが低い【SABCS2018】

横山勇生=編集委員

 トリプルネガティブ乳癌に対する術後補助療法の開始が術後30日を超えると、30日以内の場合よりも再発または死亡のリスクが高まる可能性が明らかとなった。単施設の実臨床でのデータをレトロスペクィブに解析した結果、示されたもの。12月5日から8日まで米・サンアントニオで開催されているサンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS2018)で、ペルーInstituto Nacional de Enfermedades NeoplasicasのZaida Morante氏によって発表された。

 Morante氏らは、2000年から2014年の間にInstituto Nacional de Enfermedades Neoplasicasでトリプルネガティブ乳癌と診断された患者について、術後補助化学療法の開始までの時間が、全生存期間(OS)、無病生存期間(DFS)、無遠隔再発生存(DRFS)に与える影響を評価した。解析に用いられたのは、同施設で治療が行われたトリプルネガティブ乳癌患者2007人のデータのうち、1期から3期で、最初の手術で、術後補助化学療法が完了し、記録が完全な687人のデータだった。炎症性乳癌、腫瘍の大きさが不明、化学療法や手術が不明や不完全、術前化学療法が行われた患者、計1320人のデータは解析対象から除かれた。

 術後の化学療法までの時間によって、30日以下、31日から60日、61日から90日、91日以上の4グループに分けて解析が行われた。30日以下が189人(27.5%)、31日から60日が329人(47.9%)、61日から90日が115人(16.7%)、91日以上が54人(7.9%)だった。4グループの患者背景、年齢や診断の時期、手術の型、切除のマージンの有無、術後補助化学療法の種類には差があった。特に差が大きかったのは診断の時期で、2000年から2004年では30日以下は40.7%、91日以上が16.7%、2010年から2014年では30日以下は11.1%、91日以上が37.0%などだった。しかし臨床病期には差がなく、全体で1期が10.5%、2期が60.1%、3期が29.4%だった。

 解析の結果、OSは、30日以下の患者のグループと31日以上の3グループとでは有意な差があった(p=0.003)。120カ月OS率は30日以下と31日以上の各グループでは10%以上の差があった。30日以下のグループの12カ月OS率は99.5%、60カ月OS率は86.2%、120カ月OS率は82%だったのに対して、31日から60日のグループの12カ月OS率は98.8%、60カ月OS率は76.2%、120カ月OS率は67.4%、61日から90日のグループの12カ月OS率は97.4%、60カ月OS率は71.3%、120カ月OS率は67.1%、91日以上のグループの12カ月OS率は94.4%、60カ月OS率は75.8%、120カ月OS率は65.1%だった。

 OSは診断時期別に評価しても、30日以下グループが有意に良かった。2000年から2004年がp=0.001(31日から60日のグループハザード比が1.49、61日から90日のグループのハザード比が3.87、91日以上のグループのハザード比が2.95)だった。2005年から2009年がp=0.013(31日から60日のグループハザード比が1.98、61日から90日のグループのハザード比が1.76、91日以上のグループのハザード比が3.18)だった。2010年から2014年がp=0.064、2018年5月の評価時点で30日以下の患者に死亡例はなかった。

 リンパ節転移の状態で10年OS率を比較すると、N0の場合、30日以下のグループは78.8%、31日以上が67%、p=0.038、Cox回帰法でハザード比が1.701(95%信頼区間:1.023-2.827)、p=0.04だった。N1の場合、30日以下のグループは82.6%、31日以上が62.5%、p=0.002、Cox回帰法でハザード比が2.498(95%信頼区間:1.023-4.510)、p=0.002だった。N2-N3の場合、30日以下のグループは87.5%、31日以上が68.2%、p=0.166、Cox回帰法でハザード比が2.065(95%信頼区間:0.723-5.899)、p=0.176だった。

 DFS、DFRSについても同様な結果だった。30日以下のグループは、DFSがp=0.005、DFRSがp<0.001と有意に31日超のグループより良好だった。120日DFS率、DFRS率ともに、30日以下のグループと31日以上の各グループとは10%以上の差があった。

この記事を友達に伝える印刷用ページ