このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2018/11/6

B細胞性悪性腫瘍薬の候補となる経口PI3Kデルタ阻害薬ME-401のフェーズ1試験が来年国内で開始

横山勇生=編集委員

 協和発酵キリンは、経口PI3Kデルタ阻害薬ME-401の日本でのフェーズ1試験を2019年に開始する。11月5日に、米MEI Pharma社とライセンス契約を締結し日本におけるME-401の独占的な開発および販売に関する権利を獲得したと発表した。

 ME-401は、PI3Kδ のアイソフォームに対して高い選択性を示し、他のPI3Kδ阻害剤とは異なる医薬品特性を有しているという。MEI Pharma社はME-401について、様々なB細胞性悪性腫瘍に対する臨床的な評価を行っており、化学療法および抗CD20抗体を含む少なくとも2件の全身治療が奏効しなかった濾胞性リンパ腫患者を対象としたME-401単剤のフェーズ2試験を準備している。

 なお、再発/難治性濾胞性リンパ腫やその他の低悪性度B細胞性悪性腫瘍に対して、ME-401単剤、あるいはリツキシマブと併用投与したフェーズ1b試験のアップデートの結果が、12月2日に米国血液学会で発表される予定だ。

この記事を友達に伝える印刷用ページ