このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

News ニュース

ニュース一覧へ

新着一覧へ

ニュース

2018/10/24

MSI-H/dMMRの進行大腸癌の1次治療でニボルマブと低用量イピリムマブの併用が高い効果【ESMO2018】

横山勇生=編集委員

 MSI-H/dMMRの進行大腸癌の1次治療として、ニボルマブと低用量イピリムマブの併用療法が高い抗腫瘍効果を示す可能性が明らかとなった。また、抗腫瘍効果は持続的だった。MSI-H/dMMRの進行大腸癌に対するニボルマブの有効性と安全性を評価する進行中の非無作為化フェーズ2試験、CheckMate142のうちの1つのコホートの結果示されたもの。10月19日から23日までドイツ・ミュンヘンで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2018)で、米Southern California Norris Comprehensive Cancer CenterのHeinz-Josef Lenz氏によって発表された。

 発表されたのは、CheckMate142試験のうち、1次治療として2週おきのニボルマブ3mg/kg投与と6週おきのイピリムマブ1mg/kg投与を行ったコホートの結果。主要評価項目は、研究グループの評価によるRECIST v1.1に基づく奏効率。その他の評価項目は独立評価委員会の判定による奏効率、疾患制御率、奏効期間(DOR)、無増悪生存期間(PFS)、全生存期間(OS)、安全性だった。

 試験には45人が参加し、年齢中央値は66歳(21-85)。男性が23人(51%)、ECOG PS 0が25人(56%)、1が20人(44人)、PD-L1発現は1%以上が12人(27%)、BRAF変異があった患者が17人(38%)、KRAS変異があった患者が10人(22%)、リンチ症候群が8人(18%)だった。

 観察期間中央値は13.8カ月(9-19)で、27人(60%)で投薬が継続されていた。投薬中止の理由で病勢進行によるものは7人だった。

 試験の結果、奏効率は60%(95%信頼区間:44.3-74.3)。完全奏効が7%、部分奏効が53%、病勢安定が24%で、疾患制御率は84%(95%信頼区間:70.5-93.5)となった。奏効は、PD-L1の発現、BRAF変異、KRAS変異、リンチ症候群であるかに関わらず認められた。BRAF変異を有する患者の奏効率は71%、疾患制御率は88%だった。全患者の84%で腫瘍の縮小が認められた。

 奏効までの時間の中央値は2.6カ月(1.2-13.8)。効果は持続的でDOR中央値は未到達。奏効が認められた患者のうち82%において、データカットオフ時点で効果が持続していた。効果のあった患者のうち74%はすでに6カ月以上奏効が持続していた。データカットオフ時点で奏効した患者の96%が生存していた。

 PFS中央値は未到達(95%信頼区間:14.1-NE)で、9カ月PFS率が77%(95%信頼区間:62.0-87.2)、12カ月PFS率が77%(95%信頼区間:62.0-87.2)だった。OS中央値は未到達(NE)で、9カ月OS率が89%(95%信頼区間:74.5-95.1)、12カ月OS率が83%(95%信頼区間:67.6-91.7)だった。

 治療関連副作用は全グレードが78%、グレード3/4が16%に発現した。重篤な副作用は全グレードが13%、グレード3/4が7%、投薬中止につながった副作用は全グレードが7%、グレード3/4が2%だった。多く認められた副作用は、そう痒症、甲状腺機能低下症、無力症、関節炎などだった。

この記事を友達に伝える印刷用ページ