全国の赤十字病院の1〜5年目の医師に対して行った「医師の働き方改革」に関する緊急アンケートの結果をもとに、若手医師と医学生6人が率直に語り合うこの企画。前々回は「当直明けでも帰れない雰囲気問題をどうするか」「看護師へのタスクシフティングは必要があれば勝手に進む」といった話が、前回は、「医師少数地域での勤務が義務化されるとしても、医師X年目で勤務するなど一律に決められるのは難しい」「地方勤務は嫌なのに入局する人がいるのはなぜ?」といった話が出てきました。今回は、診療科選択の話から、新専門医制度にまでテーマが発展します。

中安杏奈さん(初期研修2年目、女性) 山口県出身。東京大学を卒業後、日本赤十字社医療センターで初期研修中。産婦人科志望。

さん(専攻医[後期研修医]、男性) 近畿地方出身。南関東の大学を卒業後、大学病院と市中病院での初期研修を経て、現在は地方市中病院の循環器内科で専攻医(後期)研修中。

Bさん(専攻医[後期研修医]、男性) 近畿地方出身。関東の大学を卒業後、地方の市中病院での初期研修を経て、現在は都内病院の内科で専攻医(後期)研修中。

Cさん(研修医、女性) 東京都出身。地方の大学を卒業後、都内病院で研修中。外科志望。

Dさん(初期研修医、男性) 近畿地方出身。関東地方の大学を卒業後、出身地の病院にて初期研修中。総合診療科志望。

Eさん(医学部5年生、女性) 関東地方出身。現在は関東地方の大学5年生。救急科志望。

中安さん 前々回前回と、地方の医師を増やすには、総合診療医が増えると良さそうだという話がありました。ところでみなさんが現在の診療科を志望されたのには、どんな理由があるんですか? 調査では、「医学的興味があるから」という理由がぶっちぎりの1位でした(図1)。

図1 専攻医(後期)研修を受ける診療科を選択した最大の理由は何ですか?

Dさん 総合診療科の話で言うと、診療科を選択する時点で、医学的興味で総合診療科を選ぶのはけっこう難しいんじゃないかと思いました。地域医療の現場を見ていない医学生の場合、そもそも総合診療医が医学的に何をするのか知りません。なので、実際どんな医療を提供しているのかを知らなければ選択肢にまず入らないので、見せるのは大事だと思います。リハビリテーション科とかもそうかもしれませんね。

さん 総合診療医については、僕が医学生になったのころから、イメージアップが仕組まれ始めた印象がある。20年前はほぼ知られていなかったけれど、今はちゃんと定義されて社会的イメージアップがなされようとしているしね。仕掛けているのは厚生労働省なのか、学会なのか分からないけれど。

Dさん やっぱり仕掛けているのは厚労省も、ではないでしょうか。住民にもメリットがあると思うので、悪いことではないと思います。40年前くらいから総合診療を根付かせようと頑張ってきていた結果なんじゃないでしょうか。

Bさん 総合診療科を選ぶのは、医学的興味というより、暖かい医療とか人との関わりみたいなところに興味がある人なんじゃないかな。

中安さん 私は実習で回った産婦人科がとても楽しかったので、忙しい科だよとは言われましたが、元々志望しようかと考えていた科から産婦人科志望に変わりました。ちなみに、女性で外科を志望されているCさんは、どうやって決めましたか?

Cさん 本当に外科に医学的興味があったからですね。外科の中でワークライフバランスがいい診療科を考えて、乳腺外科を選びました。だから乳腺外科に興味があったというより、外科の中からワークライフバランスを考えて選んだ、という感じ。他の外科をやりたかったけど、女性が外科医になろうと思ったら、乳腺をやるしかなかったという人も多いと思います。

Eさん 女子の医学部同級生と話すときは、外科は体力ないし無理だよね、みたいなところから始まって、子育てとの両立を考えるとマイナー科は選択しやすいという結論になります(図2)。今の時代あまり良い考え方ではないかもしれないけど、医師免許は持っているだけで将来安泰だし、パートでも働けるのは魅力的だと思います。

図2 医学的興味はあるものの、研修制度や働き方を理由に志望を変更したことはありますか?

関連記事:モテ女医No.1は眼科、男性首位は循環器内科