Cadetto.jpのロゴ画像

トレンド◎コロナ下で進化する「VR医学教育」
症例を自院でVR化、多施設への共有も可能に
VR教材を施設間でシェアできるプラットフォームを構築

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下で、シミュレーション教育や症例見学に仮想現実(VR)を活用する動きが広まりつつある。昨年には、手術室に常設する360度カメラで撮影したVR映像をクラウドに蓄積し、多施設で共有する取り組みも始動。遠隔地にいながら、普段あまり経験できないような症例も3次元で追体験できるため、医学教育の地域格差の是正につながると期待されている。


日本医科大の横堀將司氏は「シミュレーターでの学習と実際の医行為との間にはギャップがあり、手技がうまくできずに自信をなくしてしまう学生も少なくない」と話す。

 座学による知識の詰め込みではなく、学習者が主体的に学ぶ「アクティブラーニング」の重要性が指摘される中、VRを用いた教育が注目されている。医学教育の領域でも、外科手術や救急・集中治療領域における処置のシミュレーションなどで既にVRの活用例が増加。没入感が得られる環境下で実施できるため、高い学習効果が期待されている。

 手技などを練習してもらう手法として、これまでシミュレーターを用いたトレーニングや模擬患者面接、手術見学などが行われてきた。しかし、「シミュレーターでの学習と実際の医行為との間にはギャップがあり、医学教育の現場では問題視する声もあった」と指摘するのは、日本医科大学大学院医学研究科救急医学分野教授の横堀將司氏だ。「シミュレーターで十分に練習を重ねても、実際の患者に医行為を行う際に緊張してしまい、手技がうまくできずに自信をなくしてしまう学生が少なくない」(横堀氏)。また、手術見学は臨床現場の緊迫感を感じ取る上では有効だが、多くの医療スタッフが手術に携わる中で学生が手術台の近くで手技の見学を行うことは難しく、遠巻きの見学にとどまるケースがほとんどだ。

 VRは、こうした従来の手法の弱点をカバーする上でも有用とされている。「VRを用いることで実際の処置の様子を術者目線で追体験できるため、シミュレーターと臨床現場のギャップを埋めることができ、手技の向上にも寄与する可能性が高い」と横堀氏は話す。さらに、COVID-19の流行により対面でのシミュレーション教育や手術見学が制約を受けるようになったことで、遠隔でも学習ができるVRが脚光を浴びることとなった。

リアルでは遭遇しにくい症例のデータも蓄積

 横堀氏は、VRコンテンツ開発を手掛けるジョリーグッドと共に、2019年から臨床学習用のVRコンテンツの開発に携わっており、2020年3月には、ジョリーグッドがVR臨床教育プラットフォーム「オペクラウドVR」を開発した。

 オペクラウドVRは、手術室に360度カメラを常設し、録画した症例を自院でVRコンテンツ化できるVR臨床教育プラットフォーム(図1)。カメラを手術室に常設しておくことで、症例数の多い疾患の定型的な手術ばかりではなく、突発的に発生する救急診療や希少疾患の手術などを随時録画し、自院で教育コンテンツとして利用できるのが最大のメリットだ。「貴重な症例を学習用コンテンツとして蓄積できるため、リアルではなかなか遭遇しない症例もVRで学習できる」と横堀氏。さらに、教材として活用する際には、「多接続リモートVR臨床システム」機能を用いることで、遠方の学習者もVRを同時に体験しながら講師の指導を受けることが可能だ。

図1 オペクラウドVRの仕組み(提供:ジョリーグッド、写真1も)

 オペクラウドVRでは、原則として撮影からコンテンツ化までを医療機関で行い、撮影機器の取り扱い方や撮影・編集方法などに関してはジョリーグッドがレクチャーを行う(写真1)。「これまで20人以上の医師にVR編集のレクチャーを実施したが、いずれも弊社が想定していた所要時間を大幅に下回る形で編集スキルの習得ができていた」と同社の担当者は話す。

写真1 オペクラウドVRの導入に必要な機材

 また、2021年秋には、オペクラウドVRにおいて、クラウド上に保存されたコンテンツを他の医療機関でも自由に閲覧できるサービスが開始された。同システムは日本医療研究開発機構(AMED)の医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)にも採択されており、2023年度中に事業プラットフォームの完成、2024年4月からの本格運用を目指している。

 オペクラウドVRの実用化においては、「個人情報をどのように保護していくかが議論の焦点となっていた」とジョリーグッドの担当者は明かす。というのも、こうした手術映像は患者の顔が映り込んでしまうリスクが高く、個人情報漏洩につながりかねないからだ。そこで、患者本人もしくは家族の同意が書面で得られた症例のみをコンテンツ化するフローを整備したほか、撮影された動画データに対して自動で患者の顔を隠すプログラムを実装するなど、個人情報保護への対応を図った。

 同システムは、将来的には国内1500施設での導入を目指しているという。「教育効果の高いVRコンテンツを全国各地の医療機関にシェアできるようになることで、医学教育の地域格差の是正につながるのではないか」と横堀氏は期待を寄せている。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載の紹介

Cadetto通信
日経メディカル Online編集部の「Cadetto.jp担当」約2名(飛び入りあり)が、時に熱く時にまったりとつづるコーナー。取材のこぼれネタや企画の予告編、耳よりなイベント、面白い人&面白い話、編集部の秘密、困っていることや皆さまへのお願いなどなど、自由度高め、文章短めで参ります。時には「病院ランチ食べ歩き」などの特別企画に変身することも。

この記事を読んでいる人におすすめ