・若手が元気なうちにこの本を読ませて、優秀な人の燃え尽きや過労、潰れるのを防ぎたい。(30歳代女性)

・お土産に対する考え方は目からウロコだったので、実践している。筆者のHUNTER×HUNTER愛が伝わって(一般にはともかく、個人的には)、良い。(40歳代男性)

・どれもこれも、非常に面白い。私の時代に、このような内容で情報共有したかった。若い人が羨ましい。(50歳代男性)

・「『クラッシャー上級医』の提唱者が満を持して語る」の回を読んで、僕はつらい初期研修のローテートをなんとか持ちこたえることができ、「若いうちに1度は“大都会”でもまれるべし」の回を読んで今の後期研修先を選びました。このコラム無しには僕の医師人生は違ったものになっていたと思います。本当に感謝しております。出版されたらぜひ購入させていただきたいと思います。(20歳代男性)

・ブラック医局の話は、まさに当局がそうなので、なるほどと思いながら読みました。(30歳代女性)

・このようなコツを外から知らされないと生きていけない研修医は、遅かれ早かれ潰れる運命にある。(40歳代男性)

・若手医師に薦めてみたい。読んでくれたらうつや燃え尽きなどが減るかもしれず、かつ予防にもなるかと思う。(60歳代男性)

・現場に出て初めて分かって、愕然としたことがよくあります。良い本だと思います。(50歳代男性)

・今時の研修医の気持ちがいろんな面で分かるので、指導する側の人間としては、なるほどと思える点もあって少しは改善しようと思えた点。(60歳代男性)

・インサイトの話や、消耗の回避の方法、後輩に対し威厳を見せる方法、労働密度の高い病院の選び方――など、好きな記事やなるほどと思った記事がありすぎて、正直絞りきれませんでした。(30歳代男性)

・上司への対応を具体的に書いているが、実際には使えない。(30歳代男性)

・精神科医の立場で、研修医の気持ちにとても理解が深い。すばらしい記事だと思います。(40歳代女性)

・「研修医と父親は両立できますか?」がとても参考になりました。(40歳代男性)

・いつも、参考にしています。ただ、おそらくは同級生なのが複雑です。彼我の差に、悲しくなります。(30歳代男性)

・全体として燃え尽きない意識の持ち方など、参考になることが多かった。(30歳代男性)

・いつも楽しく読ませてもらっています。自分が研修医のとき、そうだったなあと懐かしいです。あと、やはり研修医に読んでおいてもらって知っておいてほしいことがうまく表現されていると思います。(50歳代男性)

・大学院に進んだ私としては、医局のレールで入ったので身につまされる思いで読みました。(40歳代女性)

・エッセイ集的なものでしかないので、あまり役立つ情報誌ではない。(50歳代男性)

・子どもができた時に、ライフワークバランスを考える記事がとても印象的でした。(40歳代男性)

・今までにない、歯に衣着せぬ書きようが気に入りました。(50歳代男性)

・自分が歩んできた道を読んで、泣けてくる!(40歳代女性)

・「看護師さんと仲良くやろう」の回は、病棟で仕事をうまく回せるかどうかの基本的なポイントだったのを思い出しました。(40歳代男性)

・面白すぎて人生の先達よりも人生の分かった若者だらけになると思うとぞっとします。できればまぼろしの書にしたい。(50歳代女性)

・筆者の価値観がすべて!のように読めてしまう部分があり時々気になります。(30歳代女性)

・研修医もですが、指導する立場にも参考になります。(50歳代男性)

・とても面白い。役に立つかどうかは本人次第だが。(50歳代男性)

・最近執筆スピードが落ちていませんか?(40歳代女性)

・特に取り上げる必要がないようなテーマ。そんなものを読むより文献を読んだ方がためになる。(70歳以上男性)

・今どきのダメな若者って感じがする。もっと診療に真摯に向き合ってほしい。頭ばっかり使ってないでまずはがむしゃらに向き合ってほしい。(30歳代男性)

・こういう情報に容易にアクセスできる今の研修医は羨ましい。(50歳代男性)

・今、少し読んでみましたが、お金を払ってまで読んでみる内容でない気がします。(50歳代男性)

・とても分かりやすく共感できる内容で、連載を楽しみながら読みました。書籍化おめでとうございます! 続編を期待しております。(60歳代男性)

・なかなか研修医向けの良い情報源がないので期待しています。(30歳代男性)

・全て連載時に拝読したが、正直、中身がない記事であった。(40歳代男性)

・軽快な語り口調で、身近に感じられる内容について語られるので、納得したり笑ったりしながら読ませていただいています。(30歳代女性)

・身近な人に聞きにくい内容が参考になる。(50歳代女性)

・若い医者だけの読み物だけではないと思われます。道に迷った時にも面白く解決してくれる内容でお勧めですし、当直中の空き時間に読んでも面白いですね。(30歳代男性)

・大抵の研修医へ当てはまる有益な内容もあれば、完全な私的感想の披れきにしかなっていない記事もあるので、その腹づもりで読めば自分自身で取捨選択していけるからお勧めしたい。(30歳代男性)

・きれい事を並べておらず、少なくとも若手医師の心に深く刺さる記事を書かれていると感心します。ただ、HUNTER×HUNTERのように休載がとても多く、寂しく思います。毎月書いてくれると嬉しいです。(30歳代男性)

・医師というより社会人にとって大事なことを書いてくださったといってもいいかもしれませんね。(40歳代男性)

・実際の経験が活かされているところが良い。が、1つの例であることは申し添えを忘れずにお願いしたい。(30歳代男性)

・「このままだと働き方はどんどんブラックになるよ?」の回で、近視眼的利己的視点の下で各々が象牙の塔に籠る事態になれば、大学病院が専門医学位取得教習所になりかねない、と思った。(40歳代男性)

・職場での飲み会が減ると、こういう形での経験の伝承になるのはしかたがない。(60歳代男性)

・大いに共感を持って読んでいます。実に面白いです。昭和の頃の研修とイマドキの研修の差が面白いと思います。(50歳代男性)

・忘年会の回はあざとくて逆効果だと思いました(30歳代女性)

・パパ医師が新年会に子どもを連れて行って事情をより理解してもらう、というのは家庭のために良いことだなと思いました。とはいえ、妻子をおいて飲み会に参加するパパ医師が圧倒的多数とは思いますが……。下手すると、当日の朝に「あ、そういえば今日飲み会だからご飯は軽めでいいよ」とか言い出しますから……。(40歳代女性)

・研修医だけでなく、後期研修医やその先になっても役に立つ内容で、面白かった。(40歳代男性)

・AIと医療の関係について、一意見として興味深かった。(40歳代女性)

・いつも楽しく拝見しております。どの記事も面白いのですが、困ったときの対処法や自分を高めたい場合にはどうしたらよいかなどの指南のようになっている回が好きです。(30歳代男性)

・「やりがい搾取」という言葉が好きです。(40歳代男性)

・自分の長所、短所を有効活用できることが色々書かれています。今後の医師人生のある程度の指標になるかも。(50歳代男性)

・読んでいて面白く、自分だけじゃないと励まされた。(60歳代女性)

・誰しも同じような経験をしていると思い、少し安心できる。(60歳代男性)

・医者の中に蔓延するブラックな空気から距離を置き、「自分を大切にする」という基本的なスタンスが一貫している良い連載。(30歳代女性)

・自分の研修医時代と比較して、そうだと思ったり、そうかな?と思ったり読んでいて面白い。(30歳代男性)

・更新楽しみにしています。今後とも自分に取り入れられることは取り入れて、自分なりに医師として働いていきたいです。(20歳代女性)