Cadetto.jpのロゴ画像

留学医師ライブ#5(8月29日放送分)
世界各国の医師がLIVEで伝える「ライフ・ワーク・バランス」

2020/09/28
北原 大翔 (MedStar Washington Hospital Center/Georgetown University)

 世界各国で活躍する医師が、海外留学の「今」をライブで伝えます。毎週土曜21時から生放送! 今回は米国コロラド大学麻酔科の淵田先生に、米国におけるライフ・ワーク・バランスについて話を聞きました。

ゲスト
淵田幹太(フチタ・ミキタ)先生●2013年慶應義塾大学医学部卒。2013年川崎市立川崎病院初期臨床研修。2015年自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部短期研修。2015年米国インディアナ大学麻酔科レジデンシー。2019年米国北カリフォルニア麻酔科医。2020年米国コロラド大学集中治療フェロー。

目次
00:00 はじめに
1:35 淵田先生の自己紹介
2:25 淵田先生と北原代表の関係性 アメフトと米国
3:30 日本人? 米国人?
5:25 米国に来ようと思った時期、きっかけ
6:55 USMLEはいつから勉強?
9:15 初期研修2年間を日本で終わらせた理由
11:15 麻酔科レジデンシーのマッチング
15:40 米国に日本人麻酔科ってどれくらいいる?
17:30 米国で麻酔科をやる理由
17:55 〜1枚スライドのコーナー〜ライフ・ワーク・バランス
28:35 〜質問コーナー〜
29:00 質問1 麻酔科のレジデンシープログラムに入るのはどれくらい難しい?
29:45 質問2 いつから米国留学を考えた?
30:23 おわりに

 その他の放送分はYouTubeチャンネルからご覧ください。留学情報はチームWADA公式ウェブサイトにも掲載しています。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

北原大翔(MedStar Washington Hospital Center/Georgetown University)●キタハラヒロト氏。37歳独身彼女なし。英検準三級。米国ワシントンD.C.の心臓外科医。2008年に慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学、東京大学、旭川医科大学で心臓外科研修を行い2016年に渡米。留学・医療情報を発信するチームWADAの代表を務める。

連載の紹介

モテたい心臓外科医のギリギリ米国臨床留学
英語は話せない、手術はうまくない、モテない。ないないづくしの心臓外科医が、モテを求めてアメリカへ!? 「平凡な医師」が米国に臨床留学するためのノウハウや、米国で医師として働いてみて分かったことをお伝えします。ときどき番外編としてYouTubeでお送りしている『世界各国の医師がLIVEで伝える「海外の就職事情」』も公開していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ