Cadetto.jpのロゴ画像

留学医師ライブ#3
世界各国の医師がLIVEで伝える「海外の就職事情」

2020/09/14
北原 大翔 (MedStar Washington Hospital Center/Georgetown University)

 世界各国で活躍する医師が、海外留学の「今」をライブで伝えます。毎週土曜21時から生放送! 今回は米国エモリー大学心臓外科フェローの河野先生に、現在行っている仕事の内容、海外で働くために必要なマインドセットなどについて話を聞きました。

ゲスト
河野裕志(カワノ・ユウジ)先生●2010年大阪大学卒業。2018年米国Brigham and Women's Hospital心臓外科クリニカルフェロー。2020年米国Emory大学 心臓外科クリニカルフェロー。

目次
1:30 エモリー大学ってどこにある?
2:30 河野先生の自己紹介 米国留学するまで
4:30 心臓外科医のYouTube事情
5:30 心臓外科のロボットフェローとは
10:30 〜1枚スライドのコーナー〜Tips to be successful in the US
〜質問コーナー〜
21:00 質問1 海外で働く前に準備しておいたほうがいいこと
25:00 質問2 日本人の患者を治療したいですか?
27:00 質問3 USMLEの勉強はいつから何年しましたか?
29:30 質問4 日本外科学会2020のコンセプトビデオどう思いますか?

 その他の放送分はYouTubeチャンネルからご覧ください。留学情報はチームWADA公式ウェブサイトにも掲載しています。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

北原大翔(MedStar Washington Hospital Center/Georgetown University)●キタハラヒロト氏。37歳独身彼女なし。英検準三級。米国ワシントンD.C.の心臓外科医。2008年に慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学、東京大学、旭川医科大学で心臓外科研修を行い2016年に渡米。留学・医療情報を発信するチームWADAの代表を務める。

連載の紹介

モテたい心臓外科医のギリギリ米国臨床留学
英語は話せない、手術はうまくない、モテない。ないないづくしの心臓外科医が、モテを求めてアメリカへ!? 「平凡な医師」が米国に臨床留学するためのノウハウや、米国で医師として働いてみて分かったことをお伝えします。ときどき番外編としてYouTubeでお送りしている『世界各国の医師がLIVEで伝える「海外の就職事情」』も公開していきます。

この記事を読んでいる人におすすめ