日経メディカルのロゴ画像

まずはABCDEの評価を行う

2008/01/04

外傷患者が搬送される。
まずABCDEの評価を行い、必要な処置が行われる。

■救命救急センター処置室


外傷では受傷部位、出血の量や変化が重要である。FAST(Focused Assessment with Sonography for Trauma)により、心タンポナーデや腹腔内出血を評価する。迅速なCTやMRI検査で評価し、緊急手術まで迅速に行う。そのスピードには圧倒される。

==> 日本医科大学千葉北総病院救命救急センターの「Photo Gallary」へ

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

野崎英夫(小児科医、写真家)●のざき ひでお氏。1970年生まれ。小児科研修後、国立成育医療センター手術集中治療部にレジデントとして在籍中に、一時やめていた写真を再開。医療現場の「人」の姿を中心に撮影している。

連載の紹介

野崎英夫の「フォトブログ」
現役の小児科医であり、写真家でもある野崎氏。「現役の医師だからこそ、見えてくるものがあるはず」。そんな思いで、自身が気になる医療の現場に撮影取材を敢行。現代医療の今を伝えるワンシーンを切り取ります。

この記事を読んでいる人におすすめ