日経メディカルのロゴ画像

新型コロナワクチン接種の影響で看護師の賃金が上昇中?
「人が集まる採用・育成」の工夫が重要に

 医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』では、賃金速報というコラムを毎月連載しています。看護師や介護職員、理学療法士・作業療法士の賃金動向を継続的にウオッチするもので、10月号では看護師を取り上げました。目立つのは看護師の賃金が、2021年になって一貫して上昇していることです(図1)。

 看護師の賃金は2020年はそれほど大きく上がっていませんでした。しかし、2021年になって急上昇。その理由の一つとして考えられるのは、新型コロナワクチン接種に関連して、看護師の需要が高まったことがあるかもしれません。

図1 看護師(常勤・非常勤)の賃金の推移(日経ヘルスケア2021年10月号「賃金速報」より) ※クリックで拡大します。

認定看護師、国試対策、現場復帰など教育体制の充実で91%の定着率

 売り手市場の中、医療・介護業界での採用難、人材不足は続いています。採用した人材が活躍し、定着してくれるためには何をすればよいのでしょうか。日経ヘルスケア10月号特集「人が集まる採用・育成」では、医師・看護師、介護職の職種別に、採用と育成の攻略ポイントをステップ別にまとめました。
 
 例えば看護師は奨学金の返還が免除される3~5年目で転職を考える場合が少なくありません。また、結婚・出産・育児などの理由で離職することも多く、継続して働ける職場環境の整備や、子育てが一段落した看護師の支援なども重要です。また再就職前の研修希望が76%もあるのに対して、実際に研修を受講したのは19%にとどまり、復職者への教育研修体制の整備が重要性を増しています(厚生労働省「看護職員就業状況等実態調査結果」)。
 
 社会医療法人美杉会・佐藤病院(大阪府枚方市、120床)では、認定看護師の育成や国試対策、現場復帰支援などに力を入れています。近年では新卒採用に力を入れ、採用前からのフォローアップが充実。国試対策の勉強会などを定期的に開催しています。勉強会には採用内定者をはじめ、職員など誰でも参加することが可能です。

 1回の勉強会の開催にかかる費用は講師代の約10万円。それでも民間人材紹介会社経由で採用すると、看護師1人当たり80万~100万円程度(年収の15~20%に相当)の手数料がかかるため、採用コストとして見れば低いそうです。年間10~15人の看護師採用のうち、2~3人がこの勉強会の参加者。また勉強会を経由して採用した看護師の方が定着率が高いとのこと。民間人材紹介会社を利用して2019年に採用した看護師の定着率が57%だったのに対して、利用しなかった2020年の定着率は91%と高水準でした。

「ブランクあり看護師」「経験あり看護師」など求める人材像を明確化

 このほか同院では、出産後に退職したが子育てしながら新しい職場で働きたいと考えている「経験あり看護師」、子育て等のブランクが長くなったが復職したい「ブランクあり看護師(潜在看護師)」といった、採用を強化したい対象を明確化。こうした看護師が業務に復帰し、働き続けられるような教育研修体制なども整備しました(図2)。

図2 看護師教育プログラムの概要(佐藤病院看護部採用ウェブサイトより) ※クリックで拡大します。

 認定看護師の育成にも同院を含めてグループ全体で力を入れています。美杉会グループ全体で認定看護管理者3人、各種認定看護師12人、特定看護師5人が在籍。資格取得の費用の半額を病院が補助するほか、研修期間中は勤務扱いとして給与や賞与を保障するといった支援を行っています。こうした支援内容を知って応募してくる看護師も珍しくないそうで、「人が集まる」採用・育成の工夫が随所にみられます。

 本特集では、医師や介護職の採用・育成の成功事例も紹介しています。医師採用では総合診療科の専攻医と指導医が共に過ごす時間を最大化し、一緒に勉強する「レジデントデイ」を設けるなど密な関係を築ける教育体制を整備。一方で、指導医の負担を減らして指導に専念できるように働き方を見直すことで、病院見学の医師が年間4人から32人と8倍に増えた医療機関のケースなどを紹介しています。詳しくは日経ヘルスケア10月号をぜひご覧ください。

いよいよ開幕! 「日経クロスヘルスEXPO2021」
10月20日(水)~23日(金)

【日経クロスヘルスEXPO2021】(オンラインセミナー 事前登録制、登録無料)

セミナーの詳細および参加登録はこちら
https://expo.nikkeibp.co.jp/xhealth/online/

日経ヘルスケア特別セッションをご紹介します
●「オンライン診療は『次のステージ』へ」/10月20日(水)12:50~14:10
厚生労働省 医政局医事課 医師養成等企画調整室長の福田 亮介氏が最新の行政動向を解説、先進的な活用事例の実践報告やパネルディスカッションなど盛りだくさん

●「令和4年度診療報酬改定の方向性」/10月21日 (木) 16:50~17:20
厚生労働省 保険局 医療課長の井内 努氏が登壇! 2022年度診療報酬改定の方向性について、現在の議論の内容を講演

●「一歩先行く医療・介護・薬局の情報連携」/10月21日 (木) 13:15~14:15
医療法人みらい・みらい在宅クリニック港南院長の開田 脩平氏、ファーマ・プラス専務取締役の小黒 佳代子氏、病院マーケティングサミットJAPAN代表理事の竹田 陽介氏などが、SNS型の情報共有ツールなどを活用した多職種連携について議論

●「2021介護報酬改定、『LIFE(科学的介護情報システム)』と『BCP(業務継続計画)』への対応/10月21日 (木) 10:00~11:00
全国介護事業者連盟理事長の斉藤 正行氏がLIFEとBCPへの対応方法を講演

●「介護DX(介護ロボット)の最新事情」/10月21日 (木) 14:20~14:50
社会福祉法人善光会理事、最高執行責任者の宮本 隆史氏が登壇!

●今どきの「介護トラブル 炎上させないクレーム対応」/10月21日 (木) 15:25~16:25
日経ヘルスケアの人気連載の著者、安全な介護代表取締役の山田 滋氏が、介護のクレーム対応の最新トレンドを解説

2022年度診療報酬改定の行方を考えるセミナー開催!

日経ヘルスケア主催
医療マネジメントセミナー2021 Autumn
2025年、さらにその先の病院経営~2022年度診療報酬改定を見据えた戦略とは


2021年11月14日(日)10:00 ~16:00 開場 9:30(予定)
会場 東京・秋葉原 秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F)
受講料 5,000円(税込み)日経ヘルスケア定期購読者
   10,000円(税込み)一般の方
講師
・社会医療法人財団董仙会 理事長 神野 正博氏
・株式会社リンクアップラボ 代表 酒井 麻由美氏 ほか

◆詳細はこちら

日経ヘルスケア オンラインセミナー
LIFEへの対応、先行施設に見る導入・活用方法

LIFE(科学的介護情報システム)がいよいよ本格化!
データを生かした要介護認定者の自立支援の進め方や
業務効率化を徹底解説

2021年11月28日(日)13:00~17:05予定
会場:Zoomを使ったWeb配信セミナー
  (後日、オンデマンド[見逃し]配信も予定)
受講料:16,000円(税込み)日経ヘルスケア定期購読者
    19,000円(税込み)一般の方
講師:野尻 晋一 氏
   社会医療法人寿量会 熊本機能病院 介護老人保健施設「清雅苑」施設長

◆詳細・お申し込みはこちら

「日経ヘルスケア 誌面ビューアー」好評提供中!

「日経ヘルスケア」をスマートフォンやタブレット端末で読めるアプリ、「日経ヘルスケア 誌面ビューアー」を2021年4月にリリースしました。日経ヘルスケアの定期購読者は無料でご利用いただけます。

紙の誌面そのままのイメージでお読みいただけます。本文の拡大機能があるので、スマホの小さな画面でも読みやすく、いつでもバックナンバーを読むことが可能です。検索機能や音声読み上げ機能などの多彩な機能も備えています。

この機会に「日経ヘルスケア 誌面ビューアー」アプリをぜひご活用ください。

◆詳細はこちら

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載の紹介

日経ヘルスケアon the web
医療と介護の経営専門誌「日経ヘルスケア」は、行政動向に関する深い分析と徹底した現場取材を通じ、厳しい環境下で勝ち抜くためのマネジメント情報を提供しています。創刊は1989年。専門記者の手による記事は、開業医や病院長の先生方など2万人近い読者に支持していただいています。このブログでは、話題の経営トピックスを盛り込んだ最新号の内容を、ちょっとだけですがご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ