日経メディカルのロゴ画像

目玉は何? 見落としてはいけない注意点は?
2020診療報酬改定、各分野が3分で早分かり!

2020/03/20

 2020年度診療報酬改定の最大のテーマは、働き方改革への対応です。救急搬送受け入れの多い医療機関への支援のほか、タスクシフトに資する報酬の引き上げなどが行われます。一方、大病院の地域包括ケア病棟入院料の新規届け出を不可として急性期に集中させるなど、「病院単位」での機能分化も図られます。

 医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、3月号特集「決定! 2020年度診療報酬改定」で、改定のポイントをカテゴリー別にコンパクトにまとめました。
定期購読のご案内ページはこちら

「病院単位」での機能分化を促進

 入院料の報酬体系の抜本的な見直しなどが行われた2018年度診療報酬改定。2020年度改定はそれを深化させるほか、働き方改革を後押しする内容が盛り込まれたのが特徴です。

 改定率は、技術料に当たる本体部分が0.55%引き上げられ、薬価等が1.01%下げられます(図1)。本体部分の引き上げ分0.55%のうち0.08%は、「救急病院における勤務医の働き方改革への特例的な対応」に充当されます。

 個別改定項目の主な内容は表1の通りです。働き方改革関連では地域の救急医療を担う医療機関を支援。「救急車の受け入れ件数が一定以上」といった要件を満たす医療機関が算定できる地域医療体制確保加算(520点)が新設。そのほか、救急搬送看護体制加算(夜間休日救急搬送医学管理料の加算)や救急医療管理加算の点数がアップします。

図1 2020年度診療報酬改定の改定率
(※クリックすると拡大表示されます)

 救急医療以外でも、医師事務作業補助体制加算の算定対象の拡大、看護職員夜間配置加算急性期看護補助体制加算の引き上げなど、働き方改革に資する評価が目白押しです。

 入院医療では、一般病棟用の重症度、医療・看護必要度の評価項目が見直され、該当患者割合の基準は急性期一般入院料1の看護必要度I(従来の評価方法)で現行の「30%以上」から「31%以上」に引き上げられます。入院料4は看護必要度Iで「22%以上」(現行は「27%以上」)とされ、入院料1~4の各間の差が1ポイントから3ポイントに拡大。看護配置7対1以上の入院料1から、10対1以上の入院料2以下への病床転換を促します。

表1 個別改定項目の主な内容
(※クリックすると拡大表示されます)

 「病院単位」での機能分化を見据えた点も注目されます。400床以上の大病院による地域包括ケア病棟入院料の新規届け出や、特定機能病院による回復期リハビリテーション病棟入院料小児入院医療管理料5の算定は不可となります。大病院と中小病院の役割分担の方向性が示されたといえるでしょう。

 外来医療では、かかりつけ医機能をより強化。2018年度改定で新設された機能強化加算は患者への周知が十分に進んでいない実態を踏まえ、従来の院内掲示のほか、患者が持ち帰れる書面等を準備することが求められます。一方、継続的かつ全人的な外来医療を一層推進するため、地域包括診療加算の要件が緩和。時間外対応の要件が見直され、患者からの電話等による問い合わせに複数の診療所が連携して対応(時間外対応加算3)する場合も届け出可能となります。

 このほか、栄養管理の評価が随所に盛り込まれたのも特徴です。患者の高齢化で重要性が増していることに対応しました。

 今回の特集記事では、「急性期入院」「軽度急性期・急性期後入院」「救急医療」「オンライン診療」「働き方改革」など計10カテゴリーを取り上げ、そのポイントをそれぞれ1ページで簡潔に解説しました。いずれも医療関係者なら3分で読めますよ。さらに主要改定項目を読みやすく整理した15ページの参考資料も収載しています。

 詳細は日経ヘルスケア3月号をご覧ください。

日経ヘルスケアの今後の記事はこんなに魅力的!

 ここで日経ヘルスケア2020年4月号以降のラインアップを少しご紹介しましょう。

・新報酬の経営影響度をシミュレーション! 徹底分析! 2020年度診療報酬改定
・医療・介護業務改善のヒント 一工夫で現場のムダを完全に撲滅!
・医療法人も注意! 介護保険サービスの行政実地指導はこう乗り切る
・病医院を変革する「栄養管理経営」 患者の状態が劇的に改善!
オンライン診療の最新動向 2020改定と新型コロナの影響は?
・2020診療報酬改定のインパクト 病院経営はここまで変わった!
          ※記事タイトル・内容、掲載時期が変わることもあります

 ご興味があれば、定期購読の案内ページをご覧ください。

医療機関に役立つ日経ヘルスケアのセミナーが開催!

日経ヘルスケア主催
病院再建の“請負人”が伝授 事務長・事務職リーダーパワーアップセミナー
開催日時 2020年5月31日(日)10:00~17:00(9:30開場予定)
会場 日経BP 本社5F セミナールーム(東京・神谷町)
受講料 35,000円(税込み)
講師
・豊岡 宏氏(一般社団法人日本病院経営支援機構・理事長)
詳細・お申し込みはこちら

日経ヘルスケア主催
1日で分かる! 在宅医療の始め方・伸ばし方 ― 短期集中経営講座
開催日時 2020年6月20日(土)10:00~17:00(9:30開場予定)
会場 日経BP 本社5F セミナールーム(東京・神谷町)
受講料 34,500円(税込み)
※当日会場で書籍「在宅医療 経営・実践テキスト」をお渡しします。
講師
・荒木 庸輔氏(株式会社メディヴァ コンサルティング事業部 マネージャー)
・村上 典由氏(株式会社メディヴァ コンサルティング事業部 シニアマネージャー、医療法人プラタナス・桜新町アーバンクリニック事務長)
詳細・お申し込みはこちら

  • 1
  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載の紹介

日経ヘルスケアon the web
医療と介護の経営専門誌「日経ヘルスケア」は、行政動向に関する深い分析と徹底した現場取材を通じ、厳しい環境下で勝ち抜くためのマネジメント情報を提供しています。創刊は1989年。専門記者の手による記事は、開業医や病院長の先生方など2万人近い読者に支持していただいています。このブログでは、話題の経営トピックスを盛り込んだ最新号の内容を、ちょっとだけですがご紹介します。

この記事を読んでいる人におすすめ