日経メディカルのロゴ画像

こうすれば患者の状態が改善、在院日数が短縮!
先進病院が教える治療・改善に「効く指標」

2019/08/16

「医師の働き方改革」のすべてがこの1冊で丸わかり!

 日経ヘルスケア編集部は2019年6月24日、
書籍
『医師の働き方改革 大全』
現場と経営の変革に効く
完全マニュアル

を発行いたしました。

 2018年6月の働き方改革関連法成立に伴い、2024年4月から医師に対しても適用される罰則付きの時間外労働上限規制。その規制のあり方を検討してきた厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」が2019年3月末に取りまとめた報告書を基に、あらゆる関連事項を網羅しました。

 改革の社会的背景から関連法規、院内での取り組みのポイント、実際の取り組み例、助成金・補助金の活用法まで幅広く解説。これ1冊で、関連法規の解釈や具体的な改革の進め方などを学んで実践できます。

 同検討会の構成員である裴英洙氏の監修の下、病院経営者や弁護士、社会保険労務士、人材コンサルタントなどの総勢18人の専門家が各専門分野の執筆を担当。関連分野を網羅するだけでなく、専門的な見地から解説を加えました。医師のほか、看護職員などの他職種の働き方改革にも応用できます。

 ご興味のある方は、ぜひ一度、ご案内ページをチェックしてみてください。

在宅医療の「始め方」「伸ばし方」を伝授する書籍が登場!

 日経ヘルスケア編集部は2019年7月16日、
書籍
『在宅医療 経営・
実践テキスト』


を発行いたしました。

 団塊世代が75歳を迎え、医療ニーズが増大する2025年に向けて、在宅医療の提供体制の整備は大きな課題です。「新たに在宅医療を始めたい」「今ある在宅医療部門をもっと伸ばしたい」――。そんな診療所・中小病院を対象に、在宅医療の参入・運営支援の経験豊富な(株)メディヴァ在宅医療コンサルタントの荒木庸輔氏、村上典由氏が、在宅医療の「始め方」「伸ばし方」を分かりやすく解説しました。

 ご興味のある方は、ぜひ一度、ご案内ページをチェックしてみてください。

失敗事例から学ぶ診療所開業ノウハウを1冊に凝縮!

 日経ヘルスケア編集部は2019年8月26日、
書籍
50のしくじり事例に学ぶ 診療所開業ガイドブック 』

を発行いたします。

 「ビルのオーナーに翻弄され物件解約」「設計士の“暴走”招き1カ月を無駄に」「院長の頼りなさが招いた職員の一斉退職」――。そんな実際にあった「しくじり」の事例50を反面教師として、診療所開業に必要な様々なノウハウを学べます。関連法改正に対応した、人事労務管理の基本についての解説も収録。2013年7月に発行して好評を博した『40のしまった!事例に学ぶ診療所開業ガイドブック』に大幅加筆し、法改正や経営環境の変化に合わせて内容を全面的にアップデートしました。

 ご興味のある方は、ご案内ページをチェックしてみてください。

口コミサイトで「無診察処方」と中傷被害!

 少々脱線しましたが、日経ヘルスケア8月号にはほかにも、特集、コラムが盛りだくさんです。

◎特集
広がるか? 「介護保険+保険外」サービス
 高齢者の自立支援に向けて、介護保険では認めていないメニューを提供する保険外サービス拡充の必要性が指摘されています。訪問介護の後に庭の水やりといった「保険+保険外」サービスの実施は現時点でも可能ですが、なかなか広がりません。そうした中、実施にお墨付きを与える自治体の取り組みなど、注目事例を紹介しました。

◎特集
宿日直許可基準が70年ぶりに変更!
続報! 病院経営を揺るがす働き方改革
 宿日直許可基準や医師の研さんに関する新しい通知、応召義務の法的解釈、厚労省の新検討会の開催──。2024年4月に適用される医師の時間外労働規制に向けて、国は矢継ぎ早に施策を打ち出しています。医師の働き方改革の最新動向を紹介しました。

◎Report
求められる通訳機能、未収金対策、受付対応の充実
増える外国人患者の受け入れ
 医療機関を訪れる外国人患者は2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて増えており、国は医療機関に対して外国人患者の受け入れ体制の整備を求めています。とはいえ、通訳の確保や未収金対策は容易ではありません。既に外国人患者を積極的に受け入れている医療機関の事例を紹介しました。

◎Report
データで見る2018 年度診療報酬改定の在宅医療への影響
新設の包括的支援加算は約7割で算定
 厚生労働省は2019年6月27日、「2018年社会医療診療行為別統計の概況」を公表しました。2018年6月審査分レセプトのうち、オンラインまたは電子媒体で請求されたレセプトにおける診療報酬項目の算定状況を基に、2018年度診療報酬改定の在宅医療への影響を分析しました。

◎ウオッチ!2020診療報酬改定
療養病棟の医療区分3の過半数が「中心静脈栄養」に該当、ほか

◎NEWS
厚労省、介護職員等特定処遇改善加算のQ&A(Vol.2)、ほか

◎トレンドを読む
鈴木 龍太(日本介護医療院協会会長)
介護医療院は150施設を突破 転換により病院全体の機能が高まる

◎コンサルタント工藤高の病院経営最前線
医師の働き方改革に取り組んだA病院 業績は赤字から黒字に転換、その理由とは?

◎宮原院長の実践!新クリニック経営術
残業時間の上限規制②
業務の無駄取りが重要 モニターで誘導を省力化

◎医療・介護スタッフ賃金速報≪2019年6月≫【拡大版】
介護職

◎医療・介護経営者のための人事・労務入門
職員のSNS投稿写真に入所者の後ろ姿 削除させるも反抗的な態度に不安

◎ドクターハイの医療職の心をつかむビジネスのお作法
医師から新商品・サービスのヒントを聞きたい! ヒアリングで押さえるべき必須ポイントは?

◎院長力を磨く! 診療所経営駆け込み寺
分業制を進め過ぎて患者対応に滞りが… 見直す際のポイントとは?

◎病医院トラブル110番日記
口コミサイトで「無診察処方」と中傷被害 虚偽の投稿には迅速な削除要請を

◎たんぽぽ先生の「失敗に学ぶ」在宅医療マネジメント塾
初診がなんとなく不安です

◎はりきり院長夫人の七転び八起き
楽して生きたい中年が増殖、誰が支えているの?

◎コンサルタント小濱道博の介護経営を斬る!
特定処遇改善加算が10月スタート 配分の対象者は誰にすればいい?

◎介護人材 採用・定着のツボ
特定処遇改善加算、Q & A 第2弾と計画書の記入例

◎覆面調査員が解決! 介護現場 再生の秘訣
重度者への医療対応が強みの有老ホーム 看護師が定着せず採用直後に離職

◎失敗しない 介護ロボット活用術
「道具」を変えたら業務も変える

 『日経ヘルスケア』にご興味のある方は、ぜひ
8月号のご案内ページ
または
定期購読のご案内ページ
をご覧ください。

 『日経ヘルスケア』ではこのほか
1冊購入サービスも提供しております。

 ぜひ一度、各ご案内ページをチェックしてみてください。

 日経ヘルスケア編集長 村松 謙一

  • 1
  • 2

連載の紹介

日経ヘルスケアon the web
医療と介護の経営専門誌「日経ヘルスケア」は、行政動向に関する深い分析と徹底した現場取材を通じ、厳しい環境下で勝ち抜くためのマネジメント情報を提供しています。創刊は1989年。専門記者の手による記事は、開業医や病院長の先生方など2万人近い読者に支持していただいています。このブログでは、話題の経営トピックスを盛り込んだ最新号の内容を、ちょっとだけですがご紹介します。
いま『日経ヘルスケア』の定期購読をお申し込みいただくと
病院の空床リスク回避策や診療所の経営ノウハウをまとめた
医療の特別冊子を一冊プレゼント!

急性期、回復期、慢性期の病院機能ごとにまとめた空床リスク回避策や効果的な情報発信で1日20人の増患を獲得したクリニックの経営ノウハウなど、病院・診療所マネジメントの理解が深まる特別冊子を一冊無料で進呈します。ぜひこの機会に定期購読をお試しください。

この記事を読んでいる人におすすめ